11月17日に行なわれるU−22コロンビア代表戦に向けた15日のトレーニング。合流が遅かった欧州組がコンディションを上げるために、強度の高いメニューをこなした。

 その終盤のことだ。ふたりひと組のシュート練習が始まると、見学していたファンから「お〜」という感嘆の声が上がった。

 久保建英(マジョルカ)が至近距離から打ち込んだ高速パスを、堂安律(PSV)がぴたりと止めてシュートまで持ち込んだからだ。これには久保も、拍手で堂安を称えた。

 すると今度は堂安が、お返しとばかりに強いパスを久保に蹴り込む。互いを意識しているのか。普通、シュート練習は見せ場が少ないものだが、この日はピリッとした緊張感が漂い、見ていて飽きることがなかった。


コロンビア戦に向けた練習を行なう堂安(左)と久保(右)

 それにしても、豪華なメンバーが揃ったものだ。

 A代表に定着している堂安、久保、板倉滉(フローニンゲン)の3人を招集し、中山雄太(ズヴォレ)、三好康児(アントワープ)、菅原由勢(AZ)、前田大然(マリティモ)、食野亮太郎(ハーツ)と合わせ、欧州組が8人もいる。

 さらに、大迫敬介(サンフレッチェ広島)、岩田智輝(大分トリニータ)、菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)、橋岡大樹(浦和レッズ)、小川航基(水戸ホーリーホック)と、Jリーグでレギュラーポジションを掴んでいる選手も目白押しなのだ。

 中田英寿、中村俊輔、稲本潤一、高原直泰らを擁したシドニー五輪代表もタレントが豊富だったが、実力、実績ともに東京五輪代表のほうが明らかに上だろう。

 メンバー発表のあと、渡辺剛(FC東京)、田中碧(川崎フロンターレ)、遠藤渓太(横浜F・マリノス)、町田浩樹(鹿島アントラーズ)が不参加となり、もともと負傷中の冨安健洋(ボローニャ)が選出されていないが、今回のメンバーについて森保一監督が「現時点でのベスト」と語ったのも、納得がいく。

 2017年12月のタイ遠征でチームが立ち上げられて以来、これまで10回の活動が行なわれてきたが、そのすべてが海外でのものだった。

 ようやく迎えた国内初のテストマッチ――。東京オリンピック本番の9カ月前となるこの時点で、初招集の堂安を含むベストメンバーを集め、戦術、コンビネーション、コミュニケーションを深めておきたい、ということだろう。

 もっとも、「ベストメンバー」という言葉に、選手たちは極めて冷静だった。

「嬉しく思いますけど、あくまでも現時点なので、別にそんな重要なことじゃないかなと思います」と上田綺世(鹿島アントラーズ)が語れば、「監督がそう言っているなら、そうなんだと思いますけど、選手の中で自分はベストメンバーのひとりだと思っている人はいないと思う。これからも激しい競争は続きますから」と菅原も言った。

 さらに、前田も「今のベストメンバーであっても、オリンピックでそこに入っていなければ意味がないので、あまり気にしていないです」とさらりと言った。

 まさに、そのとおりだろう。オリンピックの登録メンバーは、ワールドカップの23人よりはるかに少ない18人。しかも、森保監督は3人のオーバーエイジ枠を採用する意向を匂わせている。だとすると、15人。この少ない枠を争う戦いが、まだまだ続く。現時点でのベストメンバー入りに安心するような選手は、そもそもここまで生き残れていないはずだ。

 9月の北中米遠征でメキシコと0−0、アメリカと0−2、10月のブラジル遠征でブラジルを3−2と撃破したU−22日本代表の今回の相手は、コロンビアだ。オリンピック南米予選を2020年1月に控える彼らは、DFアンドレス・ソラーノ(アトレティコ・マドリード)、DFブライアン・ベラ(レッチェ)、DFカルロス・クエスタ(ヘンク)、MFケビン・アグデロ(ジェノア)といった欧州組を加えたメンバーで来日を果たしている。

 そのコロンビア戦の焦点のひとつが、A代表組との融合なのは間違いない。

「A代表にすでに関わっている選手がこのチームに入ってきて、どういう化学反応をもたらすか。彼らがA代表で経験してきたものを、このチームでも存分に発揮してほしい」と横内昭展監督代行も期待する。

 基本システムは3−4−2−1。A代表組のひとりである板倉は、果たしてどこでプレーするのか。ビルドアップ力を生かすなら3バックの中央で、持ち運ぶ能力を生かすなら3バックの左で起用することになるだろう。

 そして、堂安と久保である。両雄を2シャドーで並び立たせるのか、それとも、これまで2シャドーの一角を務めてきた三好が先発なのか。2シャドーには、10月のブラジル戦で初招集され、アグレッシブな仕掛けとフィニッシュワークで一気に序列を上げた食野や、ポルトガルで公式戦3ゴールをマークしている前田もいる。

 もちろん、コロンビア戦では複数の選手を試すはずだが、どの組み合わせが互いの、そしてチームの特長を引き出すことができるか、このテストは興味深い。

 10月のブラジル遠征ではビルドアップの形や相手のプレスの剥がし方、ボールの運び方を入念に確認していた。その結果、ブラジル戦ではミドルシュート3発を叩き込んで逆転勝利を飾ったが、狙った形でゴールを奪えたわけではなかった。

 コロンビア戦前の練習でも、ボールを動かしながら”攻撃のスイッチ”となる縦パスを入れるタイミングと精度を何度も確認していた。ディフェンスラインの板倉、立田悠悟(清水エスパルス)、瀬古歩夢(セレッソ大阪)やボランチの中山、田中駿汰(大阪体育大)らの勝負の縦パスから、1トップの小川や上田のポストワーク、2シャドーのコンビネーションによって攻略する形をどれだけ作れるか。それも大きなポイントだ。

 地元開催の東京オリンピックで金メダルを目指すU−22日本代表にとって、このコロンビア戦は、先月のブラジル戦に続き、自分たちの現在地を測る重要な試金石となるのは間違いない。