マイル戦線における最強馬を決するGIマイルCS(京都・芝1600m)が11月17日に行なわれる。

 不利の少ない京都の外回りコースが舞台となるが、1番人気は過去10年で1勝、2着2回、3着2回、着外5回。最後に勝ったのは10年前のカンパニーで、連対したのも7年前のグランプリボスが最後と、やや信頼度に欠ける。そのうえ、極端な枠の馬の好走例が多く、波乱傾向が強いGI戦と言える。

 今年は、ダノンキングリー(牡3歳)とダノンプレミアム(牡4歳)の「2強」といった様相だが、はたしてどうか。デイリー馬三郎の吉田順一記者は、過去の例に違わず、「2強」に対しても「全面的な信頼は置けない」と語る。

「ダノンキングリーは、デビューからすべてのレースで鞍上を務めてきた戸崎圭太騎手が負傷療養中。横山典弘騎手に乗り替わることになりました。加えて、前走・GII毎日王冠(1着。10月6日/東京・芝1800m)の決め脚は際立っていましたが、勝気な気性ゆえ、初めての長距離輸送がどう出るか。前走、出遅れがあったことも忘れてはいけません。

 ダノンプレミアムは、好メンバーがそろった前走のGI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)でハイパフォーマンスを発揮して2着。この馬の能力の高さを再確認できましたが、中5週以上の間隔でしか使ってこなかった馬が、今回は中2週での競馬。しかも、激走後、というのが気になります。エクイロックス(接着装蹄)を装着しているように、もともと爪の薄いタイプ。克服するべき課題は、多い印象を受けます」

 また、吉田記者は今の京都の馬場に着目。それが、波乱ムードに一段と拍車をかけていると言う。

「この10月の京都競馬場は、とにかく雨にたたられました。それは、今月に入っても当然影響しており、高速馬場の決着は皆無に等しいです。今週から、3m外に仮柵を設けたCコースを使用し、比較的荒れていない芝でのレースになるとはいえ、これまでと状況が一変するようなことは考えられません。少しでも時計がかかれば、チャンスのある馬が増えるのは確かで、一筋縄では収まらないのではないでしょうか」

 翻(ひるがえ)って、日刊スポーツの太田尚樹記者は、マイルCSにおける1番人気の不振について、こんな見解を示す。

「隠れた実力馬が評価を落として、ここで本来の走りを見せていることが、そうした要因につながっているのでしょう」

 昨年の覇者であるステルヴィオ(5番人気)、一昨年のペルシアンナイト(4番人気)、2015年のモーリス(4番人気)などは、まさにそのいい例だろう。

「つまり、人気に惑わされず、そうした実力馬を見つけることが、穴馬券への近道になるはずです」

 そう語る太田記者が推奨するのは、2年前の勝ち馬ペルシアンナイト(牡5歳)だ。

「ペルシアンナイトは一昨年の覇者で、昨年の2着馬。そう考えると、ちょっと人気を落としすぎ、だと思います。そもそも、京都のGIは”リピーター”が多いのが特徴。先週のGIエリザベス女王杯でも、クロコスミアが3年連続2着という結果を残しました。

 このレースでも、ダノンシャーク(2013年3着、2014年1着)、フィエロ(2014年2着、2015年2着)、イスラボニータ(2015年3着、2016年2着)など、”リピーター”がたくさんいます。やはり、3コーナーに坂の上り下りがある特殊なコース形態なので、得手不得手があるのでしょう。

 とすれば、今年もペルシアンナイトが、得意舞台で上位争いを演じてもおかしくありません。

 また、同馬は典型的な叩き良化型。一昨年も、昨年もGIII富士S(東京・芝1600m)5着のあと、ガラッと一変してみせました。今年も秋初戦の毎日王冠は4着でしたが、『前回はいかにも休み明けという感じ。(叩いて状態は)上向いている』と、管理する池江泰寿調教師もペルシアンナイトの上昇を確信しています。

 鞍上は、英国リーディングを獲得したオイシン・マーフィー騎手。配当的な妙味も見込めて、楽しみな1頭です」

 一方、吉田記者は、「今回のメンバーを見渡すと、末脚自慢が集まっているのが特徴。そうなると、ハイペースは考えにくい」という読みから、GIIスワンS(10月26日/京都・芝1400m)組から、2頭の馬を穴馬に抜擢する。



展開を味方にして一発を狙うマイスタイル

「1頭は、スワンS3着のマイスタイル(牡5歳)です。GIII函館記念(7月14日/函館・芝2000m)からの参戦で、600mの距離短縮となりましたが、うまくレースに対応。道中は中団やや前方に位置し、勝負どころから追い上げて、直線は外から抜け出しを図ります。そのさらに外から、2着モズアスコット(牡5歳)と、1着ダイアトニック(牡4歳)が猛追してくるなか、この馬らしいしぶとさを発揮して、ハナ+クビ差の3着なら、上出来でしょう。

 折り合い面も問題なく、1ハロンの延長と、前に行く馬が少ない組み合わせなら、主導権を握ることも可能です。(前走から)詰まった間隔ながら、1週前の追い日にはウッドチップコースで意欲的な調整を施され、叩き2走目の上積みが見込める点も強調材料になります。適度に時計のかかる舞台設定も合っており、メンバー強化でも連続好走の期待は高まるばかりです」

 吉田記者が推すもう1頭は、古豪グァンチャーレ(牡7歳)だ。

「スワンSは5着でしたが、久々ということもあって、攻め気配も地味でした。この馬らしい闘争心を、多少欠いていたのは事実です。そのため、中団からじっくりと構えていましたが、4コーナーから直前入口にかけて進路がなくなり、追い出しが遅れてしまったことも誤算でした。

 ともあれ、長く(アクセルを)踏んでいって、しぶとく脚を使ってこそのタイプですから、前走の敗戦にショックはありません。一度使ったことで素軽さが増し、状態アップは確実。強力なメンバーが集った今春のGI安田記念(6月2日/東京・芝1600m)で、勝ち馬インディチャンプ(牡4歳)からコンマ2秒差の4着だった実力を侮ってはいけません。

 各馬の出方によっては、前付けで主導権を握る形も考えられ、差し・追い込み勢が多い組み合わせのなか、粘り込みも十分にあり得ます。得意の京都で、波乱の立役者になる可能性は大いにありそうです」 マイル戦を得意とする実力馬が勢ぞろいした一戦は、最後の直線で熾烈な争いが繰り広げられることは必至。そうした状況のなか、クビ差、あるいはハナ差か、わずかに先着して高配当をもたらす馬が、ここに挙げた3頭の中にいても不思議ではない。