詐欺グループの拠点から “水に溶けるマニュアル”

写真拡大

 アジトから水に溶けるマニュアルが押収されました。

 神戸山口組系の組員・青木竜治容疑者(28)ら2人は5月、70代の女性に対して「あなたの情報が不正に利用されている。キャッシュカードを交換する必要がある」などと電話し、カード4枚をだまし取ったうえで現金約280万円を引き出した疑いが持たれています。詐欺グループの拠点だったマンションからは証拠隠滅のためとみられる水に溶ける紙に書かれたマニュアルや、約3万6000人分の名簿などが押収されました。警察はこのグループによる被害額が1300万円以上に上るとみています。