日大悪質タックル問題 選手と前監督ら3人が不起訴

写真拡大

 日大の悪質タックル問題で選手と前監督ら3人が不起訴処分です。

 去年5月、日大の宮川泰介選手(21)が関西学院大学の選手に、後ろからタックルしてけがをさせた問題で、東京地検立川支部は宮川選手を起訴猶予処分にしました。被害者との間に示談が成立したことを考慮したということです。また、傷害容疑で書類送検された当時の内田正人監督(64)と井上奨コーチ(30)についても嫌疑不十分として不起訴処分にしました。これを受けて宮川選手は「今回の経過と処分を重く受け止め、今後の糧とさせて頂きます」などとコメントしました。内田前監督は「第三者委員会が警察・検察庁と同様な視点で調査を行っていればここまで報道が過熱することはなかった」、井上元コーチは「なぜこのようなことが起きたのか考えなかった日は一日もなかったです」などと、それぞれコメントしています。