韓国大統領「GSOMIA維持は難しい」米国防長官に

写真拡大

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の維持は「難しい」と発言しました。

 15日午後4時からアメリカのエスパー国防長官と会談した文大統領は、23日に失効が迫るGSOMIAについて「日本との軍事情報の共有は難しい」と述べました。協定の維持には日本による輸出規制の撤回が必要という従来の考えを改めて示したとみられます。一方のエスパー長官はGSOMIA維持を求めていて、午前の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相との会談では「協定破棄で得をするのは中国と北朝鮮だ」などと述べています。