解放の北大教授が帰国 中国は刑事法など違反と説明

写真拡大

 9月に中国・北京市で当局に拘束されていた北海道大学の教授が解放され、15日に帰国したと菅官房長官が発表しました。

 菅官房長官:「本年9月に北京市で拘束された40代の邦人男性が帰国したことを確認している」

 菅官房長官は、解放された教授について「健康上、特段の問題はないと本人から聞いている」と説明しました。ただ、教授が拘束された理由については「事柄の性質上、コメントは差し控えたい」と説明を避けました。一方、中国外務省も教授を解放したことを認めました。北京のホテルで9月に中国の秘密に関する資料を見つけたため取り調べがあり、刑事法や反スパイ法に違反しているとして、諭しいさめたと説明しています。