新庄 剛志と言えば、MLBでも4番に座った経験があり、日米を通じて活躍した選手である。敬遠球をサヨナラ安打、オールスターゲームでの本盗など記憶にも残るプレーヤーだった。その破天荒な性格は、人からは「天才」「宇宙人」と呼ばれるなど、どこか謎めいた選手としても記憶されている。そんな新庄と西日本短大附で高校時代を共に過ごし、現在は同校の監督をしている西村慎太郎監督に当時の新庄について話を伺った。新庄の知られざるエピソードから、その人間性を読み解いていきたい。

高校時代から飛び抜けていた運動能力新庄 剛志 ※写真:共同通信

 西村監督が、開口一番に出た言葉が

「今まで見たことないんですよ、あんなボール投げるやつ」である。

 西日本短大附で監督に就任して2度の甲子園出場を経験、多くの有望選手を育て、見てきた名将に言わせた言葉である。

「走ること、体力、 投げることは、新庄を見たらもう他見られないですね。肩に関しては、高校が一番全盛期じゃないですか。本人もスローイングが高校が一番全盛期だったと言ってますよね」

 では、どのぐらい新庄はずば抜けていたのだろうか?西村監督は語る

「ドラフト2位(楽天が指名)の小野 郁(おの・ふみや)は、ピッチャーマウンドから投げることはに関してはダントツに早かったですけど、外野からの返球で見たら新庄とかと比べものにならないですよ」

 プロ入を果たした小野を引き合いに出しても、外野からの返球に置いては新庄が一枚も二枚も上をいっていると話してくれた。

 また、西村監督が高校時代にチームでプロ野球のキャンプを見に行った時も

「肩は、新庄の方が肩は強いと思いました。それくらい肩に関しては高校生 ながらに、こいつはすごいと思いましたね」

と回想している。

 肩だけではない、体力も高校時代から頭一つ飛び抜けていた。あまりの人並み外れた体力に、当時の西村監督は新庄になぜそんなに走れるのか聞いた事がある。

「中学の時の練習が一番厳しかったと(新庄は)言いました。すごく走らせられたそうですよ。中学の時も全国大会出てるチームだったんで」

 そうは言うものの、名門の西日本短大附である。厳しい練習をしてきているのたは確かだ。その中でも抜群の体力があったのが分かる。新庄は、高校時代から抜群の運動神経を発揮していたのである。

 ここまでの新庄は、読者の皆さんがイメージしている「最高のフィジカル面を武器に飛び抜けたパフォーマンスを出す」新庄剛志とあまり変わらないのではないだろうか? 本題はここからである。

飛び抜けた集中力と練習量西村慎太郎監督

 今までの部分はあくまでも目に見える部分での新庄剛志なのである。では、見えない部分の新庄はどうだったのだろうか?

「彼はプロ野球選手になるんだ!ということで夜中までバットずっと振ってました」

 そうなのである、新庄はプロという明確な目標のもとやるべき事をやっていたのである。

 「オンオフがはっきりしていて、ここっていう練習の時の集中力はすごかったです。集中してる時は同級生でも声が掛けられないぐらい集中してやってますよね。例えば、個人練習の時に寮で夜中素振りをやっていて、新庄に親から電話がかかってきたんですね。「新庄さん電話です」と(後輩が)言っても、「今練習中」と言ってバシッとて切っちゃいますもんね。「繋がんでいい、あとで電話するって言え」って、そのまま練習に集中してしまう。だからやっぱり違いましたね」

 同級生も声をかけられないオーラを纏い、高い集中力で練習していたのがよく分かる。これこそが、晴れやかな舞台で輝いている新庄からは見えてこない知られざる素顔なのだろう。

(文・田中 実)