【男性に聞いた】芋っぽいなぁ…と思う女性の服装って?

写真拡大

オシャレをしたくてもどうしても垢抜けないと悩んでいませんか?また自分ではオシャレをしているつもりでも、周りからは芋っぽいって思われているかも。どのような服装をすると芋っぽく見えるのか、まずは原因を知ることが大事。そこで今回は、芋っぽいなぁ…と思う女性の服装を男性に聞いてみました。

(1)靴やバッグがいつも同じ

『バッグがいつも同じ人って、全体的なバランスを見ていないからダサくなる』(28歳/サービス) どのような服装にも、いつも同じ靴やバッグを合わせていませんか?服装によってテイストが変わっているのに小物が同じだと、ちぐはぐコーデになります。 またいつ見ても同じ靴やバッグならオシャレに興味がないと思われているかも。服装に合わせた小物を持ってくることで、垢抜けて見えますよ。

(2)丈感が合っていない服

『自分の体型と服の丈が合っていない人は、田舎臭い』(26歳/商社) 自分のシルエットやデザインに丈感が合っていないと、芋っぽいと思われているかも。たとえば背が低い人が上下とも丈が長いものを持ってくると、重たい印象になりますよね。 また服のデザインによって上下のバランスが取れていないコーデも同じ。まずは自分の体型を知って、サイズの合うものを組み合わせることが大事です。

(3)テイストが違うものの組み合わせ

『統一感がない組み合わせかな。たぶんオシャレに興味がないんだろうね』(30歳/企画) コーデは全体の統一感が大事。たとえMIXコーデであっても、テイストを知ってから崩さなければ芋っぽく見えるもの。 たとえばカジュアルなトップスにフォーマルなボトムスを合わせればダサいコーデになりますよね。まずは服のテイストを知って統一すること、MIXコーデはそれからです。

(4)形やデザインが古い服

『一昔前のアイテムを着ている人』(29歳/公務員) トレンドばかりを追う必要はありませんが、知っておくことは大事。一昔前の形やデザインの服では、どうしても芋っぽさが出るもの。 たとえ流行に流されないアイテムであっても、トレンドの形があります。トレンドを知ってから、自分なりのスタイルを作っていきましょう。 垢抜けたコーデにしたいなら、まずは自分の体型や印象を知ることが大事。そしていきなり上級者コーデをするのではなく、まずはシンプルなコーデから作っていきましょう。ショップのコーデや雑誌で勉強することも大事ですよ。(恋愛jp編集部)