画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の寺島しのぶと俳優の柳葉敏郎が、22日に放送されるテレビ朝日系ドラマ『時効警察はじめました』(毎週金曜 23:15〜 ※一部地域除く)の第6話に出演する。

第6話では、時効になった事件を趣味で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、試合前に何者かに負わされた頭部の傷が原因となり、プロレスラーがリング上で息絶えた時効事件を捜査する。

死んだレスラーが所属していた「気合プロレス」のCEO役を寺島が、彼女を“お嬢”と呼んで慕うレフェリー役を柳葉が演じる。

寺島は「女子プロレスが全盛期だったときにクラッシュ・ギャルズさんが大好きで、しょっちゅう技を練習していた」とのことで、「撮影でも初日から興奮して! ほかの出演者が技をかけるシーンを見ていたらウズウズしちゃって、現場にいらっしゃった現役プロレスラーの方にお願いして、卍固めをかけさせていただいちゃいました」と振り返る。

さらに「リングの上で撮影が始まって、いい初日を迎えられました。リングに上がれただけで、ロープをまたげただけでもう…。リングは聖域です! マットの感触とかね…」と語り、「実は興奮しすぎて、劇中でもアドリブで、オダギリくんに卍固めをかけちゃおうかなぁと思っていたんですけど(笑)、肩を最近痛めたと小耳に挟んだので止めよう、と。肩を痛めてなかったら、本当にやっちゃっていたかもしれないです」と明かした。

柳葉は『時効警察』の大ファンだといい、「出演できるなら人間の役じゃなくてもいい。なんなら墓石の役でもいいと思っていたほど、出演を熱望していたんです。今回やっと出演が実現し、オダギリ ジョーさんが演じる霧山くんにも会えて、うれしい限りです」と感激の様子。

オダギリらとの共演について、「最高で〜す! だって、ファンなんだもん! その人たちに会えるなんて、こんな最高なことはないですよね。口元がずっとにやけてる自分がいました」と打ち明けていた。

また第6話には、「DDTプロレスリング」の人気プロレスラーであるHARASHIMA、佐々木大輔、男色ディーノも出演。「いつもと違う僕を見て楽しんで下さい! プロレスに興味をもってくれる人が増えたら、うれしいです!」(HARASHIMA)、「私の夢でありました役者デビュー。もうこの世に未練はありません!」(佐々木)、「DDTプロレスファンの皆様には『これからは私のことを俳優、いや名優と呼べ!』と言ってやりたいです」(男色)とそれぞれ意気込みを語っている。