鮮やかなFKを決め、チームの勝利に貢献。久しぶりの先発起用に見事に応えてみせた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本2-0キルギス/11月14日/ドレン・オムルザコフ・スタジアム

 日本代表は11月14日、カタール・ワールドカップのアジア2次予選でキルギス代表と対戦。敵地で2−0の勝利を収めた。

 序盤からピンチを何度も迎えていた日本は、41分に南野拓実のPKで先制に成功。その後も相手のロングカウンターで肝を冷やすシーンが続いていたが、そんな嫌な雰囲気を吹き飛ばしたのが、原口元気だった。

 53分、ゴール正面およそ20辰△燭蠅覇世FKをゴール左隅に突き刺し、チームに追加点をもたらしたのだ。

 原口にとっては、ちょうど1年前18年11月20日以来のFKでのゴール。しかも、その時の相手もキルギスだった。

「決めたのが、たまたまキルギス戦なだけで、練習はずっとしていた。昨日の前日練習は全然良いボールがいかなかったですけど、今日蹴る時は狙い通りにいった。練習しているからこそ、あそこのコースに対して自信があった」
 
 そう振り返る原口にとっては、大きなアピールにつながる1点だ。なにせ原口はこのキルギス戦が国際Aマッチ8試合ぶりの先発出場。先発で出ていたロシア・ワールドカップの時から比べ出番が激減し、レギュラーが遠ざかっていた。そんな状況を打破し得るきっかけとなるのが、このゴールだったのだ。

「勝つというのが大前提の中、僕は前の選手なので、2次予選のアジアの相手に対して重要なのは、決めるか決めないという部分だと思っている。そこで決められたのは良かった。昨日も久しぶりに先発で出ると分かって、緊張というか、メラメラしている部分はあった。ひとつ結果が出て、ここからもう1回ポジション争いに臨んでいける。僕にとっては大事な1点だったと思います」

 価値あるゴールを決めた原口は、ここから再び波に乗るかもしれない。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【代表PHOTO】「MINAMINOさん、Tシャツを下さい」?!キルギス戦を盛り上げたサポーター特集!