画像提供:マイナビニュース

写真拡大

モデルで女優の中条あやみが、フジテレビ系スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、再び〜』(12月21日21:15〜23:25)に出演する。

NEWSの加藤シゲアキが、昨年放送の『犬神家の一族』に続き、再び名探偵・金田一耕助を演じる今作。中条が演じるのは、物語の舞台である鬼首村出身の国民的人気歌手・大空ゆかり。彼女の帰郷が惨劇の幕を開くことになる、物語のキーパーソンだ。

誰もがうらやむ美貌と美声を持ち合わせる大空ゆかりは“グラマーガール”の愛称で親しまれ、国民的人気を博すスター歌手。リサイタル公演のために鬼首村へ帰郷するが、時を同じくして忌まわしい殺人事件が発生してしまう。実は、ゆかりは20年前に温泉旅館・亀の湯の主人、青池源次郎を殺害した恩田幾三の娘であり、人殺しの子として村を追われるという悲しい過去を背負っていた。20年前の事件と今回の事件に関連性はあるのか。そして、ゆかりの帰郷は事件発生に何かしら影響しているのか…。

中条は「私自身、金田一耕助シリーズのファンだったので、台本が目の前にあるのがうれしくて。物語の中に入れることをとても光栄に思っています。今作はどんなミステリードラマよりも怖いんじゃないかって思うくらい、女性同士の争いがたくさん描かれています。“女性は怖いな”って思いました(笑)」と感想。

撮影現場については「とても怖いストーリーを描くドラマですけど現場はとても温かくて楽しい雰囲気です! 特に加藤さんと生瀬(勝久)さんがいつもニコニコしていて楽しい話で盛り上がっています(笑)」と話した。

金城綾香プロデューサーは「中条さんは、少女のようなかわいらしさと共に力強いまなざしをお持ちで、悲しい過去を背負いながらも強く生きるゆかりにピッタリです。“何を考えているのかわからない…”、そんな彼女のミステリアスな挙動にも注目してください。また戦後から復興していく時代の日本の女性の姿を、色とりどりのモダンなファッションと共にご覧いただきたいです。目にも楽しめる一夜になることをお約束します」と自信を述べている。

(C)フジテレビ