約1年前のキルギス戦に続き、再びキルギスとの対戦で直接FKを決めた原口元気。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本2-0キルギス/11月14日/ドレン・オムルザコフ・スタジアム
 
 14日、日本代表はカタール・ワールドカップ・アジア2次予選のキルギス代表戦をアウェーの地で戦い、2−0で勝利を収めた。

 41分に南野拓実のPK弾で先制した日本は迎えた後半、53分にゴール正面やや左の位置でフリーキックを獲得。キッカーの原口元気がゴール左へ放った右足のシュートは、壁を越えキーパーの手前に一度落ちると、ワンバウンドしてそのままゴール左隅に収まった。

「昨日も練習していて、チームでもよく練習していたので、やっとカタチになって良かったです」
 試合後のインタビューで原口は、ゴールシーンをこう振り返った。

 昨年の11月20日に行なわれたキリンチャレンジカップでも、キルギスとの一戦で直接フリーキックからゴールを決めていた原口。
「前回はあまり納得がいくボールじゃなかったですけど、今日は狙い通りのところにいって良かったです」

 そう喜びの表情を浮かべながら語った。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【代表PHOTO】日本 2-0 キルギス|南野&原口のゴールでW杯予選無傷の4連勝!