画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●PCMark / CineBench

AMDから11月25日にRyzen 9 3950X、それとThreadRipper 3960X/3970Xの販売を開始するという発表があったが、このRyzen 9 3950Xの性能について、いち早く評価する機会に恵まれたのでレポートをお届けしたい。

○◆Ryzen 9 3950Xを速攻ベンチマーク

ちなみに今回は「暫定版」である。機材の都合で評価期間がそれほど取れなかった事と、比較すべき競合製品の調達が間に合わなかったためだ。なのでRyzen 9 3900Xとの比較だけを簡単にご紹介することにしたい。

当然競合製品に関しても引き続き評価を行って行く予定なので、もう少々お待ちいただければと思う。またThreadRipper 3960X/3970Xに関しては現時点で評価機材が一切入手できていないので、こちらももう少々お待ちいただきたい。

○◆評価機材

ということでRyzen 9 3950Xである(Photo01〜06)。実は今回CPUとマザーボードには問題は無かったのだが、Recommendされている280mmラジエターのCPUクーラーに問題があって利用できず、普段から筆者が利用しているAntecのKuhler H2O K120の旧バージョンを利用しての比較になった。もっともこれでも定格のTDP 105Wは楽勝で、150W程度までは難なく対応できるのだが、高負荷時の冷却能力はちょっと280mmラジエターの性能に及ばないかもしれない。

利用したマザーボードはこれまでの記事と同じく、ASUSのROG CrossHair VIII HERO(Wi-Fi)である(最新BIOSにUpdate済)。またメモリはDDR4-3200 16GB×2で、ビデオカードは以前にもレビューしたNVIDIAのGeForce RTX 2080 Superを利用した。

その他の環境は表1に示す通りである。なおグラフ中の表記は

Ryzen 9 3900X:R9 3900X

Ryzen 9 3950X:R9 3950X

である。また、原稿中の解像度の表記は

2K:1920×1080pixel(Full HD)

2.5K:2560×1440pixel(WQHD)

3K:3200×1800pixel

4K:3840×2160pixel

としている。

○◆PCMark 10 v2.0.2144(グラフ1〜6)

UL Benchmarks

https://benchmarks.ul.com/pcmark10

まずはこちらから。グラフ1がOverall性能で、やはりRyzen 9 3950Xにすると少しづつスコアの改善が見られる。

もっともPCMark 10の基本テストの場合、性能差が見られるのはDigital Contents CreationとGamingのみ、ProductivityやEssentialsには大きな差があるとは言えない(グラフ2)。Essentials(グラフ3)は、微妙にRyzen 9 3950Xの方が上ではあるが、大きな性能差とは言えない。そしてProductivity(グラフ4)では、むしろSpreadsheetsでRyzen 9 3950Xの方が下回る結果(といっても差は小さい)になっている。性能差は、Diigtal Contents Creation(グラフ5)の中、Photo EditingとかRendering & Visualizationなどスレッド数がそれなり効いてくるベンチで差が出るという感じだ。Gamingに関しては後で3DMarkの結果で見てみたいと思う。

グラフ6がOffice 365 Suitesを利用しての結果で、こちらではExcelでRyzen 9 3950Xに大きな性能改善が見られる。逆にWordとかEdgeではほぼ性能が変わらないといったところ。総じて大きな差ではないが、Ryzen 9 3900X比でRyzen 9 3950Xはわずかな性能改善が期待できるとして良さそうだ。

○◆CineBench R20(グラフ7)

Maxon

https://www.maxon.net/

次はこれも定番CineBench R20。Single CPUでも若干のスコア向上(515→521)が見られるのはBoostの動作周波数引き上げ(4.6GHz→4.7GHz)の効果かと思われる。一方MPでは、さすがにコア数が16もあるだけの事はあり、Ryzen 9 3950Xのスコアは圧倒的である。この性能が割と現実的な消費電力で入手できる、というのがRyzen 9 3950Xの最大の強みと言えるかもしれない。

●TMPGEnc / DxO PhotoLab / 3DMark

○◆TMPGEnc Video Mastering Works 7 V7.0.12.14(グラフ8)

ペガシス

http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tvmw7.html

こちらの記事の時と同様、4枚の4K動画(VP9)をHEVCに変換する処理時間から速度を算出している。以前の結果と比べると、Ryzen 9 3900Xが若干スピードアップしているが、これはTMPGEnc側のバージョンアップも関係しているのかもしれない。それにしてもRyzen 9 3950Xの性能は圧倒的で、4KのHEVCをソフトウェアエンコードで20fps超で処理できるというのは、HEVCが最初に出たころにCPUで処理すると数FPSでしかなかった事を考えると、雲泥の差である。

○◆DxO PhotoLab 2 V2.3.2.265(グラフ9)

DxO Labs

https://www.dxo.com/ja/dxo-photolab/

次は写真のRAW現像。こちらと同じ様に、結果は毎分辺りの処理枚数である。ということで、こちらもやはりコアの数がそのまま性能に直結している感じがはっきり判る。さすがにE-M5でx16にすると、RAW画像1枚あたりの負荷が小さいためか、そろそろオーバーヘッドが大きくなってくるが、逆にα7IIだとRAW画像1枚あたりの負荷がずっと高いため、むしろ一番効率が良い事になっている。上のHEVCのトランスコードもそうだが、こうした処理を行う際には、やはりRyzen 9 3950Xは非常に良い選択肢ということになる。

○◆3DMark v2.10.6799(グラフ10〜15)

UL Benchmarks

https://benchmarks.ul.com/3dmark

ここからは3D系を。今回はGeForce GTX 2080 Superを利用している関係で、FireStrike UltraとかTimeSpy Extremeなども含めて結果を見てみた。

まずグラフ10・11がOverallである。想像はしていたが、非常に差は僅か、として良いと思う。グラフ11でFireStrikeだけ飛び抜けて良いスコアだが、これは後述する。

純粋にGPU性能で決まるGraphics Test(グラフ12・13)で言えば、差は殆ど無いというか、テストによってはRyzen 9 3950XよりRyzen 9 3900Xの方が良いスコアの場合もある。このあたりは、Base FrequencyがRyzen 9 3900Xの方が高い(3.8GHz:Ryzen 9 3950Xは3.5GHz)事が関係しているのではないかという気がする。

では先のOverallの差はどこから出てくるか、と言えばPhysics/CPU Test(グラフ14)が主で、SkyDiver/FireStrikeの結果でRyzen 9 3950XはRyzen 9 3900に結構な差をつけているのが判る。FireStrikeだけ性能差があり、FireStrike Extreme/Ultraではさほどの差ではないのは、Overall Score算出の際にPhysics Testの結果が占める比率が相対的に下がるから、である。

この傾向はCombined Testの結果(グラフ15)からも判る。FireStrikeでは結構な性能差があるのが、FireStrike Extreme/Ultraでは殆ど差が無い、というのは要するにFireStrike位の負荷だとGPUに余力があるため、CPU性能の差が出るが、Extreme/UltraになるとGPU側がボトルネックになってCPU性能の差が殆ど反映されなくなる、ということだ。

このあたりの傾向はゲーム系ベンチマークにも影響しそうである。

●ゲーム: Borderlands 3 / F1 2019 / Far Cry New Dawn

○◆Borderlands 3(グラフ16)

2K Games

https://borderlands.com/ja-JP/

ここからはゲームベンチをお届けするが、今回は暫定レポートという事でフレームレート変動は省いた(これは後日掲載の正式版でお届けする)。まぁぶっちゃけ、あまりに違いがないので示しても殆ど意味が無いから、という部分もあるのだが。

まずはBorderland 3。設定方法はこちらのBorderland 3の項目を参照のこと。なお全体的な品質は「高」にしている。

結果は? というと、低解像度ではむしろRyzen 9 3900Xの方が高く、解像度があがるとほぼ同等というところ。要するにCPU負荷が低いので動作周波数がBoostまで上がりきらず、そうなるとBaseが高いRyzen 9 3900Xの方が有利ということだろうと思われる。ただ最小フレームレートのみ、Ryzen 9 3950Xの方がやや高いというのは面白いところだ。

○◆F1 2019(グラフ17)

Codemasters

http://www.codemasters.com/game/f1-2019/

設定方法はこちらの"F1 2019"の項目を参照。描画品質もUltra Highのままである。

平均フレームレートを見ると、微妙にRyzen 9 3950Xの方が上といえば上だが、いう程の差か? というとそこまででもない気はする。概ね同等、として良いかと思う。

○◆Far Cry New Dawn(グラフ18)

UbiSoft

https://ubisoft.co.jp/fcnd/

設定方法はこちらの"Far Cry New Dawn"の項目を参照の事。描画プリセットはUltraとしている。

結果はBorderlands 3にかなり近い傾向である。まぁ差が出るのは2Kのみで、2.5K以上はほぼ同等と言って差し支えないレベルだと思うが。

●ゲーム: FF XV / For Honor / Middle-earth

○◆FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク Version 1.2(グラフ19)

SQUARE ENIX

http://benchmark.finalfantasyxv.com/jp/

設定方法はこちらの通り。テストは高品質で行った。

こちらもスコアはまぁ同等。2.5Kでは多少差があるが、それでも3%程度。その前後の解像度だと差が見られないあたり、ブレとして良いかと思う。まぁ、同等であろう。

○◆For Honor(グラフ20)

UbiSoft

https://forhonor.ubisoft.com/

設定方法はこちらを参照。描画品質は超高としている。

もう結果は同一という感じで、一応Tableを見ると1fps未満の差はあるのだが、これは「差が無い」と見なして差し支えない範囲だろう。

○◆Middle-earth:Shadow of War(グラフ21)

Warner Bros

https://warnerbros.co.jp/game/shadowofwar/

設定方法はこちらに準ずる。QualtyはUltraとした。

結果だが、最大/最小を見ると多少差はみられるものの、これはこのゲームが99パーセンタイルではなく本当の最大/最小を示すから暴れるという話で、平均フレームレートはほぼ同一に近い。こちらも、差はないとして差し支えないのではないかと思う。

●ゲーム: Metro Exodus / Tomb Raider / The Division 2

○◆Metro Exodus(グラフ22)

4A Games

https://www.metrothegame.com/

設定方法はこちらを参照。今回はUltraプリセットを利用している。

こちらも綺麗にグラフが重なっている。一応平均フレームレートを見ると1fps未満、Ryzen 9 3950Xの方が下回っては居るのだが、これは明確な差とは言い難い様に思える。

○◆Shadow of the Tomb Raider(グラフ23)

SQUARE ENIX

https://tombraider.square-enix-games.com/en-us

設定方法はこちらを参照。QualityはHighestにしている。

こちらは珍しく、2KでRyzen 9 3950Xがやや高いフレームレートを示しているが、解像度が上がると平均フレームレートはほぼ同等、最大フレームレートはむしろRyzen 9 3900Xの方が上という感じで、総じて「ぼほ同等」の範疇に収まっているとして良いかと思う。

○◆Tom Clancy's The Division 2(グラフ24)

Ubisoft

https://www.ubisoft.co.jp/division2/

設定方法はこちらの"Tom Clancy's The Division 2"の甲を参照。QualityはUltraとしている。

こちらの結果はBorderlands 3と似た結果に落ち着いた。もっとも平均フレームレートで差があるのは2Kのみで、あとは概ね変わらないという程度。差が無いとは言わないが、これもほぼ同等として良いのではないかと思う。

●RMMT / 消費電力 / 考察

○◆RMMT 1.1(グラフ25)

Rightmark.org

http://cpu.rightmark.org/products/rmma.shtml

今回はRMMAは掲載しない(こちらのテストでやった結果と同じだからだ)が、RMMTの結果だけご紹介したいと思う。

といっても、こちらもゲームベンチマークとほぼ同じで、アーキテクチャが一緒で動作周波数に大差がなく、メモリも一緒だったら結果は同じ、という当たり前の結果になった。それでもわずかにRyzen 9 3900Xの方が性能が上回っているのは、Base周波数の差に起因するのではないかと思われる。

○◆消費電力(グラフ26〜32)

最後は消費電力である。Sandra 20/20のArithmetic Benchmark(つまりDhrystoneとWhetstone)がグラフ26、CineBench R20のMPがグラフ27、TMPGEnc Mastering Worksで4streamのエンコードを行った際の最初の150秒間がグラフ28、3DMark Firestrike Demoがグラフ29、それとFarCry New Downを2Kで行った際のものがグラフ30となる。

CineBenchは今回初めて追加したものだが、Ryzen 9 3950の方が早く処理が終わる関係で、ピークに達している時間がより短い。更に言えば消費電力もむしろ下がっているというおまけつきである。あとはいつも通りだ。

この5つのテストの稼働時の平均消費電力と、待機時の消費電力をまとめたのがグラフ31、待機時の消費電力との差を算出したのがグラフ32となる。

このグラフ32を見ると、意外にRyzen 9 3950Xの消費電力が低いのが判る。勿論ピーク時、例えばDhrystoneやWhetstoneを行っている際の消費電力は10W強〜30Wほど高くなっているが、同じ様にCPU負荷を掛けている筈のCineBenchとかTMPGEnc Mastering Works 7での消費電力はRyzen 9 3900Xとほぼ変わらないし、3DMark FireStrikeやFarCry New Dawnも同等レベルである。

要するに、本当にフルにBoostに近い動作周波数で動かない限り、案外に消費電力は低く抑えられている訳だ。また待機時の消費電力も70W弱と、ハイエンドシステムの割には低めなのも特徴的である。

ちなみに今回Sandra 20/20のテスト結果は入れていないがArithmetic Benchmarkの結果で言えば

という結果になっており、性能/消費電力比で言えば

と、圧倒的にRyzen 9 3950Xの方が良い結果になっている。

これは、全コアがフルに稼働しており、ところがPower/Thermal Budgetがあるから、Ryzen 9 3900Xの方がRyzen 9 3950Xよりも平均的に高い動作周波数で稼働することになる(Ryzen 9 3950Xの方がコア数が多い分、動作周波数は低めにして消費電力を抑えざるを得ない)。その一方でRyzenに限らずCMOS回路全般に、ある閾値を超えると電力効率は急速に悪化する。結果として、動作周波数を低めに抑え、それを数で補ったRyzen 9 3950Xの方が遥かに効率が良くなるという訳だ。

これはCineBenchもそうで、結果として処理時間の短縮にも繋がっている。こうした、並列性の高い、かつCPU Intensiveな処理に関して言えば、やはり「コア数こそ正義」と言えそうだ。

○◆考察

今回は暫定版の評価ということで、Ryzen 9 3900Xとの比較のみでお届けしたので、考察も当然この範疇での話となるが、エンコードなどの用途を考慮すると、Ryzen 9 3950Xの性能と効率は圧倒的であって、こうした目的であれば「圧倒的にお勧め」として良い。

逆にGamingがメイン、ということであれば現状Ryzen 9 3900Xとの明確な差は認めにくいし、更に言えばこれならRyzen 7 3800Xの方がBase周波数が高い分、むしろ性能は上がるかもしれない。現状まだ16コアをフルに使うようなゲームは存在しておらず、強いて言えばeSportなどの絡みでプレイ動画をリアルタイム配信する、なんてケースでのみコア数が生きてくるだろう。

その意味では第2世代のRyzen Threadripperなどと同じ扱いになる訳だが、Ryzen Threadripper 2950XがBase 3.5GHz/Boost 4.4GHzでしかないから、これと比較しても明らかに性能改善である。第3世代Ryzen ThreadripperがSocket sTRX4になって、第2世代までとの互換性が無くなってしまったから、アップグレードパスはRyzen 9 3900X/3950Xか、Socket sTRX4ということになる。Gamingがメインなら、Socket sTRX4に移るより、Socket AM4でRyzen 9 3950Xを入手する方が安価で、しかも幸せになれるだろう。