MF中島翔哉の出場時にハプニング

写真拡大

[11.14 W杯アジア2次予選 日本2-0キルギス ドレンオムルザコフ]

 日本代表のMF中島翔哉が途中出場の直前に、交代する選手が間違われるハプニングに見舞われた。

 日本は14日、カタールW杯アジア2次予選でキルギスとアウェーで対戦。ベンチスタートの中島は2-0の後半31分に投入の準備が整ったが、選手交代ボードには中島との交代予定だったMF伊東純也の『14』ではなく、MF遠藤航の『6』が表示されていた。

 第4審判のミスがあったようで、遠藤が歩いてピッチを出ようとしたところで日本側から訂正が入り、交代はいったん保留。交代ボードはデジタルではなくプレートを手動ではめ込むタイプだったため、すぐには直せず、後半33分にプレーが切れたタイミングで改めて伊東に代わって中島、そして遠藤に代わってMF山口蛍がピッチへ送られた。なお、試合はそのまま日本が2-0で逃げ切り、W杯予選無傷の4連勝を飾っている。