代表戦5試合連発の南野拓実、大事な先制PK弾は「決めてやろうという気持ちで」

写真拡大

 日本代表は14日、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でキルギス代表と対戦し、2−0で勝利を収めた。

 先制ゴールとなるPKを獲得し、自らキッカーを務めた南野拓実(ザルツブルク)は、「スペースにボールが来そうな感じがあったのでPKにできてよかったです。決めてやろうという気持ちでした」と得点シーンを振り返った。

 これでアジア2次予選は開幕から無傷の4連勝で首位をキープ。この日の試合では苦戦を強いられたが、南野は「最低限の結果は出せたと思いますし、今日もアウェイで難しい試合でしたけど、勝ててよかったです」と勝ち点3獲得を喜んだ。