南野と原口の得点でキルギスに快勝した日本代表。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のキルギス代表対日本代表が11月14日、ビシュケクのドレン・オムルザコフ・スタジアムで行なわれ、森保ジャパンが2−0の勝利を収めた。

 日本は、この試合で国際Aマッチ出場100試合目となるキャプテンの吉田麻也が先発に名を連ね、センターバックとして植田直通とのコンビで最終ラインを統率。守備陣は、ディフェンスラインが右から、酒井宏樹、植田、吉田、長友佑都が並び、GKは権田修一。中盤は、ボランチが遠藤航と柴崎岳のコンビを起用。両ワイドは左に原口元気、右に伊東純也。前線はトップに永井謙佑、1.5列目に南野拓実が入った。

 試合はキルギスが超満員となったホームの大声援を受けて攻勢に出る。前線のアリクロフ、ベルンハルトらのキープ力を軸にスピーディなカウンターで押し込んでいく。日本は守備陣が堅いブロックを構築して対抗するも、どちらに得点が生まれてもおかしくない一進一退の攻防となる。

 だが日本は40分、南野がペナルティエリア内で相手に倒されPKを獲得。これを南野自身が決め、日本がついに先制。南野は史上初めてワールドカップ・アジア予選での開幕4試合連続ゴールを記録した。Aマッチでは5試合連続ゴールとなっている。
 
 先制した勢いそのままに攻勢に出る日本は、後半立ち上がりから猛攻を仕掛ける。すると53分、ペナルティエリア手前中央で得たFKを、キッカーの原口が低い弾道の鋭いシュートでゴール左下隅に決め、追加点を挙げる。

 その後は、相手のカウンターに苦戦。68分には右サイドからのクロスをゴール前でミルラン・ムルザエフに収められ、反転シュートを放たれるも、権田が足で間一髪のセーブ。

 なかなかボールを保持することができず、キルギスに主導権を握られる展開が続いたものの、最後まで身体を張り、粘り強く戦った日本が2−0の快勝。ワールドカップ予選開幕から4試合連続で無失点勝利となった。
 
 この結果、森保ジャパンは年内のアジア2次予選を4連勝で締めくくり、勝点を12としグループFで単独首位に立っている。これからA代表は、19日にキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦を戦い、12月10日からは、韓国で開催されるEAFF E-1サッカー選手権(東アジア選手権)に挑む。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【南野拓実PHOTO】日本代表史上初のW杯予選4戦連発!絶好調男南野の特集&PK連続ギャラリー!!