画像提供:マイナビニュース

写真拡大

新潟市で過去3回(2016年、2017年、2018年)開催されたイベント「CUT IN PARK」が、2019年も行われる。CUT IN PARKは、ストリートカルチャーに密接したスポーツやアートをテーマにしたイベント。2019年は新潟開港150周年を記念したものでもあり、「G-SHOCK Presents CUT IN PARK 2019」というようにG-SHOCKが冠となった。

イベントのおもな内容は、ダンス、BMXショー、ランニングバイクのレース、クリエイターズマーケット(アクセサリーやアートの展示・販売)など。出場者によるさまざまなバトルイベントが展開される。子ども向けのワークショップも開催。会場にはフードコートが設けられる。

開催日時は、2019年11月30日(土)と12月1日(日)の10:00〜18:00、会場は新潟市の万代島多目的広場「大かま」だ。詳細はCUT IN PARK公式サイトを参照のこと。

カシオの耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」は、以前からストリートカルチャーをサポートしてきており、大々的に行われた過去のイベント(G-SHOCK SHOCK THE WORLD IN JAPAN REAL TOUGHNESS TOKYOなど)でも、スケートボード、ダンス、BMX、ウォールアートといったスポーツ&カルチャーをテーマにしてきた。ストリートシーンはファッションとも関係が深く、壊れないG-SHOCK、ファッショナブルなG-SHOCKは、超ド定番のアイテムになっている。