画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは11月14日、R&Dセンターの1つとして、インドに研究拠点を設立すると発表した。2020年にバンガロールに最初の拠点を設立し、その後、複数を開設する予定。

今回の拠点設立は、インドの豊富な人材とともに、インド市場における競争力と研究開発力を強化するもの。インド在住あるいはインドに移住・帰郷したいと考えているIT関連技術の研究者がキャリアを築いていけるよう準備を進めていく。

同社のR&Dに関わる人材が意欲的に成長できる機会を継続的に提供するため、インド国内の大学への研究支援を通じてオープンイノベーションを進めるとともに、教員や研究者との協力関係の構築にも取り組んでいく。

採用に関しては、AIの応用研究を行う人材(アプライドAIを専門とする人材)を中心に行う予定としている。