画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Microsoftは11月12日(現地時間)、「How to get the Windows 10 November 2019 Update」において、サポートしているすべてのデバイスに対し、2019年秋のWindows 10フィーチャーアップデート「Windows 10 November 2019 Update (1909) - 19H2」の提供を開始したと伝えた。

今回のフィーチャーアップデートはバグ修正やパフォーマンスの改善が主な目的とされており、目立つような機能変更はそれほど取り込まれていない。

フィーチャーアップデートを適用するには、設定アプリケーションから「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」を選択して、次のスクリーンショットのように「Windows 10、バージョン 1909の機能更新プログラム」以下に表示される「今すぐダウンロードしてインストールする」を選択すればよい。インストール後、システムを再起動することで1909へのアップデートが完了する。

このところ、Microsoftは年に2回のフィーチャーアップデート提供を行っている。主に春に1回、秋に1回提供されており、春のフィーチャーアップデートでメジャーな新機能を追加し、秋のフィーチャーアップデートでマイナーな機能の追加が行われることになっている。

Windows 10 1909の提供は順次実施されており、互換性がないと判断されているデバイスはアップデートの提供が保留されている場合がある。ただ、そうしたデバイスに対しても、そう遠くない段階でWindows 10 1909の提供が開始されると見られる。