画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Check Point Software Technologiesは11月12日(米国時間)、「October 2019’s Most Wanted Malware: the Decline of Cryptominers Continues, as Emotet Botnet Expands Rapidly - Check Point Software」において、2019年10月のマルウェアランキングを発表した。

Check Point Software Technologiesより発表された2019年10月のマルウェアランキングは次のとおり。

2019年10月は2019年9月に活動の再開が確認されたトロイの木馬「Emotet」が1位になった点が注目される。Emotetは、2019年10月末にハロウィーンをテーマにしたスパムキャンペーンを展開して感染を広めていった。また、2019年10月は仮想通貨マイナーのマルウェアがトップ10に入っていない点でも注目される。仮想通貨マイナーのマルウェアは2018年初頭にピークを迎え、以降は着実に減少している。