県立倉敷商業高等学校(岡山)中国地区24年ぶり7回目福家 悠太チームデータ

代表決定までの経過

対戦日 大会名 得点 失点 対戦校 勝敗 11月3日 第133回 秋季中国地区高等学校野球大会 決勝 9 7 鳥取城北 〇 11月2日 第133回 秋季中国地区高等学校野球大会 準決勝 7 4 広島新庄 〇 10月28日 第133回 秋季中国地区高等学校野球大会 準々決勝 10 9 矢上 〇 10月26日 第133回 秋季中国地区高等学校野球大会 1回戦 2 0 境 〇 10月5日 2019年度 秋季岡山県高等学校野球大会 決勝 5 9 創志学園 ⚫︎ 9月29日 2019年度 秋季岡山県高等学校野球大会 準決勝 5 1 金光学園 〇 9月28日 2019年度 秋季岡山県高等学校野球大会 準々決勝 14 2 関西 〇 9月23日 2019年度 秋季岡山県高等学校野球大会 2回戦 6 0 美作 〇 9月8日 秋季岡山県高等学校野球大会 地区予選 リーグ戦 11 1 倉敷翠松 〇 9月1日 秋季岡山県高等学校野球大会 地区予選 リーグ戦 11 0 倉敷鷲羽 〇 8月25日 秋季岡山県高等学校野球大会 地区予選 リーグ戦 7 2 総社南 〇

登録選手

背番号 氏名 学年 ポジション 投 打 1 永野 司 1 投手 左 左 2 田村 幸哉 2 捕手 右 右 3 石川 陸 2 一塁 右 左 4 山本 完次 2 二塁 右 左 5 福家 悠太 2 三塁 右 左 6 原田 将多 2 遊撃 右 右 7 淺野 大器 2 外野 右 右 8 福島 大輝 2 外野 右 右 9 洙田 大輝 2 外野 右 右 10 三田 悠介 1 右 右 11 笹野 太陽 2 右 右 12 大山 洸司 1 右 右 13 岸本 晴斗 2 右 左 14 神田 健太 2 右 右 15 山下 周太 1 右 左 16 池田 龍弥 2 右 左 17 森 秀悟 2 右 右 18 眛 竜生 2 右 右

※データは秋季北信越地区大会のものです

チーム紹介

 中国地区を制した倉敷商。18年、19年ともに夏は甲子園出場した創志学園、岡山学芸館に敗れ、涙を呑んできたが、粘り強いチームへ成長し、頂点をつかんだ。

 中国大会の勝ち上がりを振り返ると、準々決勝の矢上戦では6対4で迎えた9回裏に2点差を追いつかれ、延長10回表に3点を勝ち越したが再び10回裏に追いつかれ、再び勝ち越して激戦を制し、準決勝では延長11回の激戦を制し、決勝進出すると、決勝戦では鳥取城北との打撃戦を制した。

 打線では1番石川陸、2番原田 将多の巧打率を残し、7番打者ながら2本塁打を放っている淺野 大器もコンパクトなスイングで鋭い打球を飛ばすことができる。

 一気につながった時が怖い打線であろう。

 またこの秋から梶山和洋部長が監督に就任し、長年、チームを携わってきた森光淳郎監督が副部長となった。新体制の倉敷商に注目だ。

【投手陣】

 福家 悠太、永野 司の2投手の継投リレーで勝ち上がってきた。福家は内野手を兼任。セットポジションから勢いのある直球とスライダーを投げ分け勝負する本格派だ。全試合で 永野は左の速球派。小気味よいフォームから繰り出す130キロ後半の速球、切れのあるスライダー、チェンジアップを投げる。ただ防御率は4.96と立て直しが求められる。

■高校別データ:倉敷商

(文・河嶋 宗一)