前日調整を行った日本代表FW永井謙佑(FC東京)

写真拡大

 FW大迫勇也が不在の11月シリーズで一気に存在感を上げていきたいと考えているに違いない。6-0で勝利した10月のモンゴル戦で1トップで先発し、ゴールを決めたFW永井謙佑(FC東京)は、キルギス戦前日の公式練習を終えてピッチの印象を聞かれると、けろっとした顔でこう言った。

「凸凹? そうですね。土も粘土質というか……。でも昨日の練習場のほうがひどかったので今日はまだ楽でした。寒さも、動けば大丈夫ですし、照明の暗さも順応してやっていくしかないですね」。

 ときにイレギュラーバウンドが発生するとみられるキルギスのピッチでは、スピードスターの永井が一瞬の隙を突いていくプレーに期待が膨らむ。

 今回はU-22日本代表との兼ね合いで攻撃陣の顔ぶれに変化があるが「結構一緒にやっている選手も多いので心配はしていない。良い連携でやっていければいい」と意に介さない。FC東京で優勝争いを牽引する勢いを代表につなげ、1トップの地位を確立していきたい。

(取材・文 矢内由美子)