画像提供:マイナビニュース

写真拡大

WordPress Tavernは11月12日(米国時間)、「WordPress 5.3 “Kirk” Released, Brings New Default Theme, Editor Improvements, and UI Tweaks - WordPress Tavern」において、WordPressの最新版となる「WordPress 5.3 "Kirk"」が公開されたと伝えた。WordPress 5.3には645人のボランティアからのコントリビュートがあり、これまでのリリースで最もコントリビュータの多いバージョンになったという。

WordPress 5.3における主な新機能は次のとおり。

新しいデフォルトテーマ「Twenty Twenty」の導入

ブロックエディタの改善

大きなサイズの画像をアップロードする際、自動的にデータを圧縮するように処理を変更。2,560ピクセルを超える画像は縮小され、フル画像サイズとして使用される。結果、スマートフォンなどで作成したデータをそのままアップロードでき、事前に加工するといった手間を減らすことができる(設定を変更して閾値を無効にし、オリジナルの画像のままアップロードするように変更することもできる)

PHP 7.4のフルサポート

日付および時刻処理の改善

WordPressは世界で最も多く使われているCMS (Content Management System)。Q-Successの発表によれば、2019年11月におけるWordPressのシェアはWeb全体の34.8%。2位のJoomlaのシェアは2.7%に過ぎず、WordPressはCMSとして圧倒的なシェアを確保している。日本はWordPressの使用率が高い国として知られており、さらに多くのWordPressが使われている。