キルギス戦のスタメン予想。中盤右サイドでは伊東を起用か。

写真拡大 (全2枚)

 11月14日、日本代表は敵地で、カタール・ワールドカップのアジア2次予選の第4戦、キルギス戦(ビシュケク/現地時間17時15分[日本時間20時15分]キックオフ予定)を迎える。ミャンマー、モンゴル、タジキスタンを下し3連勝でグループFの首位に立つ日本は、「全勝を目指したい」と話す森保一監督の下、2次予選通過へ、大きな勝利を手にしたいところだ。

 もっとも今回は複数のキーマンを欠く苦しい状況でもある。負傷から復帰したばかりのFW大迫勇也がコンディションの関係上、招集外となり、東京五輪世代のMF堂安律、MF久保建英はU-22代表の活動に専念。そして10月10日のモンゴル戦で左ハムストリングを痛めて離脱したDF冨安健洋も引き続きメンバー外となった。

 逆にこれまで出場機会が限られた選手を試す良い機会と言えるのかもしれないが、やはり結果を求められるワールドカップ予選である。従来の顔ぶれを踏襲して先発を組むのではないか。
 そう考えるとGKは今予選、3試合連続でスタメン出場し、すべて無失点で抑えている権田修一の出場が固いだろう。所属クラブで唯一、ポジションを掴んでいるシュミット・ダニエルの線も考えられなくはないが、現状の代表での序列を鑑みても権田が最右翼と言える。

 最終ラインのCB吉田麻也、左SB長友佑都、右SB酒井宏樹は、森保ジャパンの主軸であり、先発から外れるとは考えにくい。通常は吉田と冨安がCBで組むが、冨安の代役はタジキスタン戦同様に植田直通が務めそうだ。植田は吉田との連係も向上しており、大きな問題はないだろう。もっとも選手層をアップさせる意味では、畠中槙之輔の起用も悪くはないと感じる。
 
 最も読みにくいのはボランチだ。柴崎岳は司令塔として不可欠な存在も、その相棒の座を遠藤航、橋本拳人、山口蛍が争う構図だ。もっとも橋本は12日の練習をホテルでのコンディション調整のために欠席しており、無理はさせられない状況だろう。山口も久々の代表復帰であり、いきなりの先発の可能性は低そう。すると、今夏に移籍したシュツットガルトでは苦戦が続いているものの、遠藤がスタメンに最も近いと捉えることができるだろう。

 中盤2列目の左は、19日の大阪でのベネズエラ戦を含めて、今シリーズも10番を背負う中島翔哉が順当にスタートからプレーするはず。一方、堂安が不在の右サイドには、先のモンゴル戦でスピードを活かした突破を見せ、3アシストをマークした伊東純也が入りそうだ。伊東はここでさらに結果を残し、レギュラー獲得へつなげられるのか注目したい。
 
 縦関係になる2トップはふたつの選択肢が考えられる。ひとつはモンゴル戦で試したCF永井謙佑、セカンドトップ南野拓実の組み合わせで、もうひとつはタジキスタン戦で採用したCFに鎌田大地、セカンドトップに南野拓実を据える形(前半途中から鎌田と南野のポジションを逆にして機能した)だ。ただ12日のミニゲームなどを見る限りでは、前者の永井、南野のコンビのほうが可能性が高いように映る。

 また、拮抗した試合展開になった場合、ジョーカーとして考えられる浅野拓磨、原口元気、鈴木武蔵、鎌田らがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、そこもポイントになるだろう。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表練習PHOTO】非公開のはずが公開練習に!?現地の人に見られながらも明るく元気な選手たち!