【台北時事】日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会(東京)が行った台湾人の対日世論調査で、「台湾を除き、最も好きな国はどこか」という質問に、過去最高の59%が「日本」と回答したことが分かった。

 同協会が13日、調査結果を発表した。

 それによると、日本が最も好きと回答した比率は、3年前の前回調査に比べて3ポイント上昇した。2位は中国で2ポイント増の8%、3位は米国で1ポイント減の4%だった。

 「今後、台湾が最も親しくするべき国」という質問には、37%が日本と答えてトップ。2位は中国の31%だったが、前回調査に比べて9ポイント上昇し、日本との差を急速に縮めた。「日本に親しみを感じる」と回答した人は70%だった。

 調査は今年2月14〜27日に、20〜80歳の男女を対象にインターネット(20〜49歳)と電話(50〜80歳)で実施。サンプル数は1003。