AFCがFIFAと協働開催する「女子クラブ選手権2019」の概要が決定…日テレ・ベレーザら4クラブが韓国で対戦

写真拡大

 JFAは13日、アジアサッカー連盟(AFC)が国際サッカー連盟(FIFA)と協働して開催する「女子クラブ選手権2019 FIFA/AFCパイロット版トーナメント」の開催概要について発表した。

 今大会は、AFCがアジアにおける女子サッカーの推進を目的に開催するもので、11月26日から30日にかけて韓国の龍仁(ヨンイン)で行われる。

 日本からは日テレ・ベレーザ(2018プレナスなでしこリーグ1部優勝)が参加する。今大会の招待チームは現状のランキングに基づいて決定され、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、江蘇蘇寧足球倶楽部(中国)、仁川現代製鉄レッドエンジェルズ(韓国)が出場することになった。

 大会の日程は以下の通り。

▼11月26日
日テレ・ベレーザ − 江蘇蘇寧足球倶楽部
メルボルン・ビクトリー − 仁川現代製鉄レッドエンジェルズ

▼11月28日
江蘇蘇寧足球倶楽部 − メルボルン・ビクトリー
仁川現代製鉄レッドエンジェルズ − 日テレ・ベレーザ

▼11月30日
メルボルン・ビクトリー − 日テレ・ベレーザ
江蘇蘇寧足球倶楽部 − 仁川現代製鉄レッドエンジェルズ