【シリコンバレー時事】インターネット交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは12日、傘下アプリを横断して送金できるサービス「フェイスブック・ペイ」を発表した。

 送金サービスは米国で今週、フェイスブックとメッセンジャーで導入し、インスタグラムやワッツアップにも拡大する。

 フェイスブックは2007年から支払い機能を提供している。同社が発行を計画している仮想通貨「リブラ」の送金を担う子会社「カリブラ」とは分離して運用される。