幼稚園で腐食性の液体がまかれ、50人以上が負傷する事件が発生した中国雲南省開遠の位置を示した地図。(c)AFP

写真拡大

【AFP=時事】中国南部の雲南(Yunnan)省で、幼稚園に男が侵入して腐食性の液体をまき、50人以上が負傷した。けが人の大半は子どもだという。地元当局が12日、明らかにした。

 現場は同省開遠(Kaiyuan)にある幼稚園。同市当局によると、孔という姓の容疑者(23)が塀によじ登って園内に侵入し、水酸化ナトリウム水溶液をまき散らしたという。

 当局は中国版ツイッター(Twitter)の「微博(ウェイボー、Weibo)」に、事件は11日午後3時35分(日本時間同4時35分)に発生したと投稿。

 園児51人と職員3人が手当てを受けるため病院に搬送され、うち2人は「重篤な症状」を示しているという。警察は、発生から1時間足らずで孔容疑者を拘束した。

 地元当局は孔容疑者について「両親が子どもの頃に離婚し、家族の温かさの欠如が精神的なゆがみを招いた」と明かすとともに、仕事や生活にも不満を抱えていたと指摘。

 これら全てが「悲観的な心理状態や社会への復讐(ふくしゅう)という考えを生んだ」という見方を示している。

 中国では、児童・生徒を狙った襲撃は珍しくない。ここ数年だけでも死傷事件が相次ぎ、特に刃物が凶器として用いられることが多い。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
中国刃物男の生徒襲撃、死者9人に 動機は中学時代の「いじめ」か
「宿題まだの子も夜10時には就寝」 中国で提案、議論呼ぶ
中国で「パンダ犬カフェ」オープン 人気の一方で物議醸す