14日のキルギス戦に臨む日本代表メンバーの背番号が発表された。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は11月12日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦(14日/ビシュケク)に臨む日本代表メンバーの背番号を発表した。

 3月の代表戦以来、約8か月ぶりに代表復帰を果たした山口蛍は20番に、今回はU-22代表に選出されている堂安律が付けていた21番は鈴木武蔵が付けることとなった。同じくU-22代表でA代表に招集されていない久保建英が9月・10月の2連戦で付けていた17番は、佐々木翔が背負う。

キルギス戦メンバー
GK
1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12 権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
23 シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
17 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
16 室屋 成(FC東京)
2 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
3 安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
 
MF
20 山口 蛍(ヴィッセル神戸)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
7 柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン2部)
6 遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ2部)
14 伊東純也(ヘンク/ベルギー)
13 橋本拳人(FC東京)
10 中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
15 浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
9 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
18 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

FW
11 永井謙佑(FC東京)
21 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)