定食チェーンの大戸屋ホールディングスが12日発表した2019年9月中間連結決算は、営業損益が1億8700万円の赤字(前年同期は1億700万円の黒字)に転落した。

 中間決算の営業赤字は、01年のジャスダック(当時は店頭市場)上場以来初めて。

 春先に一部メニューを値上げしたことが顧客離れを招いたほか、秋の恒例メニュー「生さんまの炭火焼き定食」(980円)の発売がサンマの不漁で大きくずれ込んだことも響いた。