撮影:稲澤朝博

写真拡大

Netflixオリジナル映画で衝撃のヒロインに挑戦

190ヶ国で配信され、世界中を震撼させている鬼才・園子温監督のNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』。

【写真40枚】鎌滝えりの撮り下ろし写真をさらに見る

本作で衝撃のヒロインを演じて鮮烈な女優デビューを飾った、園子温ワールドの新たなミューズ・鎌滝えりを直撃!

ほかの映画とはまったく違う想像を絶する撮影の裏側からその素顔、未来のビジョンまでたっぷり語ってもらいました。

『愛なき森で叫べ』は、『冷たい熱帯魚』(11)、『恋の罪』(11)と同様、実際の猟奇的殺人事件にインスパイアされた園子温監督が、ニコラス・ケイジ主演のハリウッドデビュー作『Prisoners of the Ghostland(仮)』の前に自らのオリジナルシナリオで撮り終えた戦慄のサスペンス・スリラー。

1995年の東京が舞台の本作で、鎌滝えりは天性の詐欺師・村田(椎名桔平)に心を奪われ、どんどん支配されて変貌していくヒロインの美津子をどうやって体現したのか?

そして、手加減を一切しない園子温監督の驚愕の撮影現場とは? 注目の次世代女優による濃密ロングインタビューは驚きの連続です。

園子温監督の作品で、いちばん好きな映画は?

――『愛なき森で叫べ』の美津子役はオーディションで勝ち取った役ですね。

そうです。私は園子温監督の作品はほとんど観ていたので、園監督の作品のオーディションがあるって聞いたときは絶対に受けたいと思いました。

――園監督の作品では何がいちばん好きですか?

いちばん最初が15歳のときに観た『愛のむきだし』(09)だったんですけど、あれが本当に衝撃的で。自分の価値観を変えてくれた映画だったし、『ひそひそ星』(16)とかもけっこう好きですけど、いちばん衝撃を受けたのはやっぱり『愛のむきだし』です。

――『愛のむきだし』を観て、価値観がどう変わったんですか?

社会の秩序や常識にそんなに縛られなくていいんだ、もっと自由でいいんだっていうことをあの作品ですごく教えてもらって。

何回観たか分からないぐらい観ているんですけど、(ヒロインのヨーコを演じた)満島ひかりさんの独白の聖書のシーンも衝撃的だったから聖書を読み始めましたし、本当に価値観をガラリと変えてくれた映画なんです。

でも、オーディションは受けたものの、まさか自分が美津子役をやらせてもらえるとは思っていなかったので、連絡をいただいたときも“えっ、これって現実なの? 現実であって!”っていう不思議な心境になりました。

演じたのは「25歳の引きこもりでバージン」の美津子

――台本は撮影中にどんどん変わっていったようですが、美津子役に決まって、最初の台本を読んだときはどんな印象を持ちましたか?

初めの台本では、美津子はもっとピュアな役どころだったんですよね。

そんな彼女が暴力によって人間性を変えられていく内容だったんですけど、私は読んだときに美津子はただの綺麗な女性だとは思わなくて。

美津子はなんて孤独な人なんだろうと思ったし、生き方が不器用な彼女には私も共感するところがあったんです。人を愛せないのは、自分を愛してるからなんですよね。

だから、美津子はどんどん自分を孤独にしていっちゃうんですけど、そこがキャラクターとしても女性像としても面白いなと思いました。

――美津子にまずは惹かれたわけですね。

そうですね。あと、園子温監督は映画愛がすごく強い方なので、セリフの端々に“映画って素晴らしいものになんだよ”という想いが散りばめられていて。

私も映画が好きでお芝居の世界に入ったので、そのセリフを読んでいるだけで胸が本当にいっぱいになったんです。

――でも、とんでもない展開になっていきます。

最初はピュアな美津子が洗脳されて、ひとりの男を愛して死んでいくという展開だったんですけど、撮影中に人柄や人格が180度変わっていったから、美津子を演じるのが精一杯で、私自身も彼女がどういう人間なのか、いま、どんな状況に置かれているのか分からないぐらい追い込まれていったんです。

なので、完成した作品を観たときはビックリしました。あのとき、監督が言っていた美津子の人格はこういうことだったんだ!って、後から気づくことも多かったですね。

「撮影現場が楽しくてしかたがなかった」理由

――劇中には死体の解体シーンも出てきますけど、抵抗はなかったですか?

なかったです。

残虐なシーンも多いですけど、あの解体のシーンで人間の別の一面を表現しているのはスゴいなと思いましたし、撮影現場でああいうことをやっていると、それが現実なのか何なのか分からなくなってきちゃって、ふとした瞬間に笑えてきたりもするんですよね(笑)。

だから、人って不思議だなと思って。いまとなっては、そういう体験ができた貴重な撮影だったなと思います。

――撮影中も「現場が楽しくて楽しくて仕方がない」とか「ここにいられるだけで楽しい」って言われていましたね。具体的には何が楽しかったんですか?

大変な日々ではあったんですけど、椎名桔平さんや(家出少年のシンを演じた)満島真之介さん、(美津子の高校時代からの親友・妙子を演じた)日南響子さんの芝居を見ているのも楽しかったし、園子温監督がいままでに会った誰よりも少年のまま大人になられたような方だったので、演出している監督の言葉を聞くのも楽しくて。

監督は本当に無邪気に撮影現場にいらっしゃいましたし、そういういままでの人生では会ったことのない方々とお仕事をさせていただいたので、それが「楽しい」という言葉になったんだと思います。

――カメラが回っていたるときの園監督は手加減しないし、厳しい方ですけど、カメラポジションを変えている間は、鎌滝さんやほかの女性キャストのところに来て楽しそうに談笑していましたね。

そうなんですよ。しかも、村田のライブシーンの合間には自ら登壇して歌い始めちゃうし、本当に無邪気な方でした(笑)。

監督に怒られた「オマエの内臓に嘘が張りついている」

――撮影現場で印象に残っている監督の言葉は?

「オマエの内臓に嘘が張りついている」って怒られたことがあるんですけど、それは自分の人生を変えてくれた言葉でした。

例えば、いまのこの発言も本当にそう思って言っていることなのか、場の空気を読んで言っていることなのか? とか、目の前にいる人ときちんと話せているのかな? ということを監督にそう言われてから考えるようになったんです。

――無意識にやっていることを気づかせてくれたわけですね。

自分が嘘をついていることに気づいてなかったんだって、今回の撮影中にすごく思ったんです。

何か取り繕ったり、世間がいいとするルールに従うように生きようとしちゃっていたり。それを園子温という、人間のまま生きている監督に見破られたんです。

「オマエはオマエが気づいていない間にたくさんの嘘をついているし、それが内蔵に貼りついちゃってるから、このままだと女優としてダメになるぞ!」って毎日仰ってくれましたからね。

大変だったのは「通電のシーンと殴られるシーン」ばかり

――そんな園監督の現場で、いちばん大変だったのはどのシーンですか?

いちばん大変だったのは、通電されるシーンです。

――でも、あれはもちろん実際には電気は流れていないですよね。

電気は流れてないですけど、1日の香盤が通電のシーンと殴られるシーンばかりで。

しかも、通電されて泣くシーンだけでも何回も何回もやって、監督から「声が小さい!」「もっともっとエモーショナルに! エモーションが全然足りない!」って言われ続けたんです。

それこそ私は10回近くテイクを重ねたりもしたんですけど、それに椎名さんや満島さん、(父親役の)でんでんさん、(母親役の)真飛聖さんもおつきあいくださったから申しわけなくて。

でも、あれは意識が遠のくぐらい大変だったっていう覚えがあります(笑)。

言われ続けた「エモーションが全然足りない!」

――通電なんてされたことなんてないでしょうし、実生活で味わったことのない苦しみや恐怖をお芝居で表現するのは難しいですよね。

だから、すごく考えました。痛いってどういういうことなんだろう? とか、通電されたときに身体のどこが固まるんだろう? とか。

それこそ、あんなに大きな声で「ウワ〜!」って叫べるのかな? とも思ったんですけど、監督は感情さえ観る人にちゃんと伝わればいいという考え方だったので、リアリティはそこまで求められなくて。

逆に感情に嘘が入ったりすると、「ダメだ、ダメだ。エモーショナルに! エモーショナルに! エモーションが全然足りない!」ってずっと言われ続けるんです。

――と言うか、すべてのシーンが大変ですよね。

いま考えたら、本当に面白い日々を送っていたなと思って(笑)。

「通電」「暴力」「通電」「暴力」「自殺」、あと「走る」みたいな香盤でしたから。でも、またやりたいなって思います。

毎日がキツくても生きていけるんだってすごく思った(笑)。

――そこが女優さんならではのメンタルでしょうし、それだけ得たものが多かったということですよね。

そうですね。私も内気な人間だったから、美津子の弱さが分かったり、共感する部分もたくさんあったんですけど、撮影がすべて終わったときに自分もこんな風になれるんだ! 毎日がキツくても生きていけるんだってすごく思って(笑)。

だって私、死んでないし、命があるから。

そう思うと、何でも乗り越えられるような気がしてくるし、そこは以前の自分と少し変わったような気がします。

――先ほど「椎名さんのお芝居を見ているのも楽しい」というお話がありましたが、一緒にお芝居をされていかがでしたか?

面白かったですね。

村田みたいにトークが面白くて相手をその気にさせる人が実際にいたら、騙されちゃう人も絶対にいると思います。

しかも、椎名さんが演じられた村田はキュートなんですよね。可愛い! だから私も、村田にどんどん支配されていくような感覚はあったかもしれない(笑)。

――危ない!(笑)

あれは特殊な感情でした。「オマエは邪魔だ!」って言われて張り倒されても、飼われているワンちゃんみたいな気持ちになってくると言うか(笑)。

何があっても“忠実”ってどういうことなんだろう?

――村田を見つめる、あのトロ〜ンとした目はスゴいなと思いました(笑)。

私もワンちゃんとネコちゃんを飼っているんですけど、何があっても忠実ってどういうことなんだろう? とか、この人しかいないって信じきっている人はどういう顔をするんだろう?ってすごく考えて。

それを突き詰めていったら「オマエは邪魔だ」って言われるのもちょっと楽しくなってきたんです(笑)。

だから、本当にこの撮影で、人間を演じるときのいろいろな扉を開けていただいたような気がしますね。

――後半、トイレから先に出てきた美津子は少しだけ舌を出しますが、あれは鎌滝さんが勝手にやったことですか?

いえ、監督の演出です。でも、あれも現場でいきなり入ったシーンだったし、監督から「オマエ、出てくるときに舌を出せ!」って言われたときは、えっ、何で? どういうこと?って思いました。

――作品の全貌を知る前だったんですね。

そうなんです。だから、どういうこと? 何を思って、監督はそんなことを言うんだろう?ってすごく考えたんですけど、「いや、いいんだよ。面白いことになるから、ちょっとやってみろ!」と言われてやったんです(笑)。

ラストシーンでは不思議な精神状態になった

――鎌滝さん自身は、25歳の引きこもりでバージンの美津子を演じていたわけだから、確かに戸惑いますね。

だから、シーンによっては本当のことを役者に伝えない監督の演出にコントロールされていたんだなと思います。

――園子温監督が、巧みなトークで人を騙す村田みたいですね(笑)。

そう思います(笑)。監督は本当にチャーミングで言葉も達者だから、村田にはそんな監督の精神性が投影されているような気がするし、彼が言っていることは監督自身の言葉なんじゃないかなって思うぐらい、園さんのエッセンスがたくさん入っていると思います。

――村田もそうですけど、シンにもそれは感じます。

シンも確かにそうですね。でも、シンを演じられた満島さんには現場ですごく助けていただきましたし、若手の役者のひとりひとりをケアしてくださいました。

――若手の役者たちに「オマエら、ここで本気を出さなかったら、いつ出すんだ?」と言って、鼓舞したそうですね。

監督と同じぐらい、何度も何度も言ってくださいました。

それも自分の中では大切な思い出ですし、いただいた言葉は一生大事にしたいなと思うものですけど、なんか面白かったです。

村田やシンが園子温監督の世界にどんどん入っていって、撮影が進んでいくという感じでしたから。

――具体的なことはネタバレになるので書けませんが、撮影中に大きく変わった、美津子のラストシーンの差し替え台本を最初に読んだときはどう思いました?

ウワッ、面白いって思いました(笑)。

でも、実際に演じてみたら、それまですごく繊細な女性として生きてきた時間があったから、心がすごく反抗してきて。妙子に向かって暴言を吐くところも、言いながら心がバラバラになりそうになったし、求められている強さであのセリフを言えているのかも分からなくなったんですけど、そんな風にいろいろな感情を戦わせながらあのセリフを言い、あのシーンを撮り終わったときには、全身の力が抜けてしまって。ただただ生きているだけ、というすごく不思議な精神状態になったのを覚えています。

オフの日は何して過ごす?

――『愛なき森で叫べ』の美津子役のインパクトが過ぎたので、ご本人もこういう人なのでは?って思っちゃう人もいるかもしれませんが(笑)、鎌滝さんご自身はおっとり系なのか、テキパキ系なのか、どちらのタイプですか?

テキパキしていないタイプだと思います(笑)。

――では、ダラダラするときはダラダラしちゃう?

ダラダラするのは苦手なんですけど、「あっ、忘れてた!」という失敗が多くて、いつも怒られています(笑)。

――オフの日は何をして過ごすことが多いですか?

基本的に家にいますね。

――でも、美津子のような引きこもりじゃないですよね(笑)。

あんな感じではないです(笑)。

家で映画を観たり、本を読んだり、お酒もすごく好きなので、自分で焼酎の水割りやソーダ割り、おつまみを作ってくつろいでいます。

ーー自宅で過ごすのが好きなんですね。

好きですね。でも、休みの日にひとりで飲みに行ったりもします。銭湯が大好きなんですよ(笑)。

なので、銭湯に行って、ひとりで飲み屋さんに行って、散歩して帰ってきたりして。

そういうのがすごく好きです。

――最近はサウナ女子も増えていますけど……。

流行りだしちゃったんですよ。

別にそのこと自体はイヤじゃないけど、ああ、流行っちゃったな〜と思って(笑)。

私もサウナは入りますけど、最近のサウナ女子みたいにサウナに何分入って、水は何分、それを何セットみたいな、そういう入り方はしてないです。

最近ハマっていること

――そんな鎌滝さんが最近ハマっていることは?

最近ハマっているのは料理ですね。おつまみを作ったりするのがもともと好きなんですけど、最近ハマっているのはなぜだろう?(笑)

――おつまみはアプリを見ながら作るんですか?

そうです。(料理アプリの)クラシルを見て作ることが多いですけど、自炊は楽しいです。

――似たような質問ですが、いちばんテンションが上がるとき、ウワ〜って楽しくなるときはどんなとき?

いい映画やお芝居を観たときにハイになりますね。

最近、いちばんテンションが上がったのは?

――最近、いちばんテンションが上がったのは?

『ボーダー 二つの世界』(18)という映画を観たときですね。

すごく不思議な映画で、観た人によって意見が分かれると思うんですけど、劇中に出てくるラブ―シーンが私の中ではこれまで観たラブシーンの中でいちばん美しいものだったんです。

人間の形をした者同士なんですけど、甘噛みをしたりとか、愛情表現が決して人間のものではなく、動物同士が交わり合っているような感じと言うか。

そのシーンを観たときに、ウワッ、カッコいいと思って、すっごいテンションが上がりました。

人間も本来持っている動物としての本質をそこで感じたり、こういうお芝居ができるようになったら、人生、本当に楽しいだろうなと思ったり。

そういうときはテンションがめちゃくちゃ上がって、どうしようもないから、ひとりで飲みに行っちゃいますね(笑)。

――そもそも女優になりたいと思ったきっかけは何だったんですか?

映画がもともと好きだったからっていうのもあるんですけど、お芝居は自分の弱さをプラスに変えたり、家庭内暴力やイジメなどの問題にも取り組めるお仕事なので、そこにやり甲斐を感じたんです。

私も映画を観て、元気になったり、感動したりすることがあるので、それを提示できるお仕事にずっと関わっていきたいなと思ったのが最初ですね。

――何歳ぐらいのときにそう思ったんですか?

二十歳ごろだったと思います。

それまではモデルの仕事をしていたんですけど、自分は綺麗なお洋服を着て、それを紹介するよりも、人のいろいろな感情に寄り添う仕事の方が絶対に好きだし、向いていると思って。

それがきっかけです。

好きな映画

――どんな映画が好きなんですか?

ゲイリー・オールドマンさんが出ていた『蜘蛛女』(93)が大好きなんです。

私は強い女の人が出てくる映画が大好きなんですけど、この作品でレナ・オリンさんが演じられていたモナは中でもいちばん強烈で。

きっと壮絶な過去があって、その強さを持っているんでしょうけど、ああいう強い女性が動物のように生きている映画にすごく惹かれるんです。

――日本映画では?

日本映画は『蒲田行進曲』(82)のような、エンタテインメント性を感じるものが好きかもしれないです。

それと、映画制作のシステムが好きなので、『蒲田行進曲』の場合は撮影の裏側やセットなどが出てくるのも面白いなと思いました。

新しい自分を発見。

――『愛なき森で叫べ』のほかにも出演作が何作か待機中ですが、『子どもたちをよろしく』(20年春公開予定)という映画ではヒロインのデリヘル嬢・優樹菜を演じられましたね。

この作品で演じた優樹菜は、『愛なき森で叫べ』の美津子とはまた違った、すごく辛い過去を抱えた女性なんですけど、この作品でも新しい自分を発見することができました。

――新しい自分というのは?

優樹菜はとても正義感が強い女性なんです。

ネグレクトとか育児放棄、家庭内暴力といった社会問題と向き合った作品ですけど、彼女はそういうことで苦しんでいる人たちを変えようと思って動くんです。

私自身もそういった問題に関心があったし、役者としてそんな現実の問題を伝えて改善していたけらいいなと思っていたので、そこに真正面から切り込んだ『子どもたちをよろしく』と出会えて、その想いを改めて強くすることができたんです。

――待機作には日中共同制作のドラマ『東京男子図鑑』(20年春放送予定)もあります。

はい。あまり詳しいことは言えないんですけど、これもまた『愛なき森で叫べ』や『子どもたちをよろしく』とはまったく違う女性で。

32歳で外資系の銀行の営業をしているスーパーキャリアウーマンなんですけど、外資系の銀行で営業をしている女の人は仕事が相当できて、相当気が強くないと務まらないんですよね。

そんなバリキャラ女子をいきなり演じさせてもらったので、すごく面白かった(笑)。

――この作品の監督は、映画『めがね』(07)のメイキングなどを手がけ、小林聡美&もたいまさこ主演のドラマ「2クール」(08)に演出家のひとりとして参加後、10年の『マザーウォーター』映画監督デビューを果たした松本佳奈さん。

中村佳代と共同監督した『東京オアシス』(11)、群よう子の著書をドラマ化した「パンとスープとネコ日和」(13)などの作品でも知られる注目の映像クリエイターです。

そうです。松本さんこそキャリアウーマン! 女性として強く生きている本当に素敵な女性で。

同じ働く女性として……なんて比べたら申しわけないぐらいカッコよかったし、働く女、戦う女はやっぱりカッコいいって思いました。

鎌滝さんが思う、カッコいい女性とは?

――鎌滝さんが思うカッコいい女性とは、どんな女性ですか?

どんな状況でも、自分を絶対に信じられる人は強いなと思います。

例えば、『東京男子図鑑』で私が演じた中山小百合も、金融の世界で男の人たちと戦って生きていくので、自分に自信があるし、自分はこういう考えだからという絶対揺るがない芯のようなものがあって、自分の意見を簡単に曲げないんですよね。

そういう女性はやっぱり強いと思います。

――自分の意見を簡単に曲げないところは鎌滝さんにも近いですか?

そういうところは……ありますね(笑)。

すごく頑固なところもあるので、小百合のようなキャリアウーマンには憧れます。

――プレイステーションのゲームソフト『龍が如く7〜光と闇の行方〜』(20年1月16日発売)にも出演されていますが、ここではどんな女性を演じられているんですか?

鎌滝えりという役なんです(笑)。

――えっ、自分自身を演じられたんですか?

でも、この作品の鎌滝えりちゃんは“一番製菓”というお菓子会社の社長なんですよ!

ただ、台本があてがきと言うか、私に近づけて書いてくださっているので、だいぶおっちょこちょいのキャラで、そこは自分と似ているかもしれないです(笑)。

――いずれにしても、これから、いろいろな鎌滝さんが見られるわけですね。

そうですね。まったく違う女性を演じさせていただくことが続いていますから。

でも、引き続き、この先もさらにいろいろな役に挑戦していきたいです。

――『愛なき森で叫べ』で園子温監督の過酷な現場を経験されたので、もう怖いものはないんじゃないですか?(笑)。

自信にはなりました。だから、本当に感謝しています。

それに、園子温監督の映画に出てくる女性はみんなすごく強いから、私も彼女たちに負けないように、強くなっていかなきゃなって思っています。

――とりあえずの、将来のビジョンは?

いろいろな役をやっていきたいですけど、やっぱり大変な想いをしている人たちに寄り添える作品にはたくさん出たいと思っていて。

それと、『愛なき森で叫べ』や『東京男子図鑑』もそうですけど、海外にも配信される作品がどんどん増えていくと思うので、自分で範囲を決めないで、海外の仕事にも挑戦して、いろいろな言葉に触れていきたいです。

――英語とかは大丈夫なんですか?

いや、全然ダメなんですよ(笑)。だから勉強中なんですけど、私みたいな人間はこの仕事をしていなかったら母国語以外の言葉を喋りたいと思わなかっただろうから、そこは自分でもビックリしていて(笑)。

作品が、女優の仕事がそんな自分でも思っていなかったことを意識させてくれたので、ほかの国の言葉も勉強して、いろいろなことに挑戦していきたいですね。

壮絶な現場を笑顔で楽しそうに振り返ってくれた鎌滝えりは、園子温監督が見出だしただけあって、確かにただ者ではなかった。

まだまだ演技経験も少ないが、彼女の中にはまだ本人も気づいていない、とんでもないものが眠っているに違いない。

すべてのことをポジティブに、プラスの方向に持っていけるメンタルも鎌滝えりの武器と言えるだろう。

そんな彼女が、これからどうやって本人が憧れる“強い女性”を体現する女優として進化してくのか楽しみだ。

鎌滝えりの挑戦はまだ始まったばかりなのだから。

・鎌滝えりInstagram

・鎌滝えり公式HP

Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』

監督・脚本:園子温
出演:椎名桔平、満島真之介、日南響子、鎌滝えり、YOUNG DAIS、長谷川大 / 真飛聖、でんでん
配信:Netflixにて全世界独占配信中