19-20イングランド・プレミアリーグ第12節、リバプール対マンチェスター・シティ。ボールを競るマンチェスター・シティのラヒーム・スターリング(左)とリバプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド(2019年11月10日撮影)。(c)Paul ELLIS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】サッカーイングランド代表のラヒーム・スターリング(Raheem Sterling)が11日、欧州選手権(UEFA Euro 2020)予選のモンテネグロ戦に向けたトレーニングでチームメートのDFジョー・ゴメス(Joe Gomez)と衝突し、チームから追放された。

 イングランド・プレミアリーグ王者でスターリングが所属するマンチェスター・シティ(Manchester City)はこの前日、ゴメスが所属するリバプール(Liverpool FC)との天王山に1-3で敗戦し、首位との勝ち点差を9にまで広げられた。

 英紙デーリー・メール(Daily Mail)によれば、シティFWのスターリングとリバプールDFのゴメスは11日に「身体的な衝突」を起こしており、チームメートは両者を引き離さざるを得なかったという。

 スターリングとゴメスは10日に行われた一戦の終盤にも、ピッチ上で小競り合いをする場面があった。

 ギャレス・サウスゲイト(Gareth Southgate)監督は、イングランドサッカー協会(FA)が公開した発表文の中で「われわれはラヒームを、14日のモンテネグロ戦に向けたメンバーに入れないことを決めた」と記した。

「われわれが持っている最も素晴らしい課題や強みの一つは、クラブでのライバル関係と代表チームでの活動を切り離せるということ。残念ながら、きのうの一戦での感情はむき出しのままだった」

「チームにとってふさわしい対応だと感じている。この決定はチーム全体の同意を得たため、われわれは選手をサポートし、木曜日(14日)の夜に集中するのが重要だ」

 スターリングは今予選6試合で8ゴールを挙げるなど、イングランドの重要な戦力の一人となっている。

 ウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)で行われるモンテネグロ戦で引き分け以上の結果を残せば、イングランドは欧州選手権本大会の出場を決めることができる。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
リバプールがシティを撃破、30年ぶりのリーグ制覇に大きく前進
ブルガリアに無観客試合・罰金処分、欧州選手権予選で人種差別行為
飲酒運転の中国GKを代表追放、協会発表