金子大地

写真拡大

騙し、騙され、騙し返す……悪徳詐欺師を相手にギリギリすれすれの詐欺合戦を繰り広げていく、本田翼さん主演の木曜ドラマF『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)が、後半戦へと突入。本作で、アイドルオタクの若手刑事・加茂悠斗を、金子大地さんが演じている。

詐欺師を逆に騙し返して摘発につなげる謎のスペシャリスト集団「チート」の一員になってからは、本田さん演じる星野沙希から、いつも振り回されっぱなしの加茂。ムチャな潜入捜査を押し付けられ、チートのメンバーの作戦にうまいこと乗せられながら、次から次へと起こる詐欺事件の解決のため奔走する。そして、第1話から名前は出てくるが依然として正体のつかめない“ナミオカ”という人物。一連の詐欺事件の黒幕と思われるが、果たして、その正体は誰なのか――?

同世代の共演者も多く、「本当に楽しい現場」と語ってくれた金子さん。新たな代表“役”とも言うべく、魅力的なキャラクターの加茂をどう色づけていっているのか。現場でのエピソードやプライベートの金子さんの“加茂度”なども伺いました。

――オファーがあったときの気持ちをお聞かせください。

加茂のような役は、これまでに演じたことのないキャラクターで、めちゃくちゃに振り回されるのが面白いなと思いました。

――具体的に加茂のどんなところに惹かれたんですか?

ここまで弱々しくて、振り回される、しかもアイドルオタクという……。僕自身、何かに夢中になるということがあまりないので、クランクインする前は「僕で良いのかな」と戸惑いもあったのですが、初日に「つかめた!」という感覚がありました。それ以降は、いい意味で気楽にお芝居できているなと思います。

――台本を読まれての感想は?

色々な詐欺事件が起きますし、難しい用語もあるのですが、加茂に関しては、あまり詐欺の内容を深く知らなくていいのではないかなと思っていて……。というのも、加茂は何も分からぬまま、チートのメンバーたちに色々とやらされる立場なので、“あえて読み込まない”ということは、演じる上で意識しました。無防備なまま挑んでいます。

――加茂を演じる上で、大事にされていることや、芯のようなものはありますか?

誰とも噛み合わないようにしています。会話もそうですし行動も……。得てして、お芝居しづらいこともあるかもしれないのですが、それが逆に良い意味で画に映れば「やっぱり、加茂ってバカだな」と思って頂けると思いますし、「騙されてるな〜」とも思って頂けるのではないかと思うので、そこは意識しています。多分、本田さんや他の皆さんは、僕とお芝居しづらいのではないかなと思うのですが、そこは、あえて噛み合わないように演じています。加茂はピュアでいないと成り立たないと思うので、「なんでこうなるの!?」という彼の中にある純粋な疑問を、無防備に出すようにしています。なので、劇中では振り回される役ですが、現場では、僕の方が皆さんを振り回すことが多いと思います(笑)。

――そのように共演者の皆さんと演じている中で、面白い発見などはありましたか?

今までは、しっかり台本を読み込んで現場に行っていたのですが、「加茂は、うろ覚えでいった方が面白い芝居ができるのでは」と思ったんです。セリフはもちろん覚えますが、一言一句台本通りに言うのではなくて、加茂というキャラクターに入り込んだ中で自然に出てくるものが大事だと思っています。セリフもたどたどしく言った方が、生っぽく聞こえるかなと思うので、微妙なニュアンスを意識しています。それと、あるシーンで疑問に思っていることが、次のシーンへの振りだと思われたくないので、「(シーンが)繋がらないんじゃない?」と思うくらい、色々な表情を出せるように意識しています。