新潟市の小2女児殺害 解剖医が証言「殺意があったと思う」

ざっくり言うと

  • 11日、新潟市で小学2年生の女児が殺害された事件の裁判員裁判が開かれた
  • 被告の男は初公判で、女児の首を締めたときに「殺意はなかった」と主張
  • しかし11日の裁判では解剖医が「殺意があったと思う」と証言した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x