メンズコスメブランド「IKKI」の新商品発表記念イベントに登場した大森南朋

写真拡大

 メンズコスメブランド「IKKI」の新商品発表記念イベントが11日、都内で行われ、同ブランドのアンバサダーに就任した俳優の大森南朋(47)が登壇した。

 ブランド名は「粋」に由来するとあって、トークセッションのメインテーマは「粋とは?」。「今年、一番『粋だなあ』と思った場面は?」の質問に、大森は「ラグビーW杯ですね」と即答。にわかファンだと謙遜しながらも、「多くを語らず、試合をすべてを体現していく男たちの姿勢に、『粋』をすごく感じました。泣けてくるんですよ」と語った。

 映画やテレビドラマだけでなく、数々のCMでも個性的な演技を見せてきた大森だが、意外にも男性化粧品のCMのオファーは初とのこと。「47歳にしてお話をいただけるとは思っていなかったので、非常にうれしかったです」と言いつつ、「でも20代の頃から、この手のCMに出るイメージはできてました。あ、やっときたなと」と続けて会場を笑わせた。

 大森は今年5月、妻の女優・小野ゆり子(30)との間に第1子が生まれたばかり。年間年始の過ごし方を聞かれ、「大みそかと三が日ぐらいは家族でゆっくり過ごします。子どもが物心つくまでは、かっこいい父親でありたいですね」と相好を崩していた。

 イベントの締めくくりに、IKKIのコスメを毎日愛用している大森は「使いやすさがハンパないです」とPR。米発酵テクノロジーと和漢植物を生かした同ブランドのメンズコスメは、11日から本格発売が開始される。