吉澤嘉代子が11月6日と7日、東京キネマ倶楽部で全国10都市11公演のツアー『お茶会ツアー 2019』を開催した。2年ぶりの開催となった今ツアーは鍵盤に伊澤一葉を迎え、10月3日の佐賀・Restaurant & Cafe 浪漫座からスタート。長崎県美術館や大分県の由布院空想の森アルテジオ、広島本覚寺など、今回も『お茶会ツアー』ならではの会場がセレクトされ、観客とクイズを楽しんだり、新曲を披露したりと、盛り沢山の内容でおこなわれた。

吉澤嘉代子(撮影=Tetsuya Yamakawa)

 東京公演初日の6日は、ドラマ「架空 OL 日記」の主題歌として書き下ろされた『月曜日戦争』からスタートし、吉澤は「全国各地を回ってきましたが、今日はかなり絶好調な気が(笑)。この夜を一緒に楽しく過ごせたらいいなと思います」と挨拶。和やかなムードの中、「綺麗」、「手品」、「地獄タクシー」、「残ってる」などのオリジナル曲に加え、YUKIに曲を提供した「魔法はまだ」、私立恵比寿中学のために書き下ろした「曇天」も披露された。

 『お茶会ツアー』の恒例となってきた企画コーナーは、まず吉澤嘉代子に関する問題に挙手で答える「クイズコーナー吉澤嘉代子検定 何級?」から始まり、そこで勝ち残った5人による、せんだみつおゲーム形式の「吉澤嘉代子ゲーム」で優勝者を決定。また中盤の「お悩み相談コーナー”スナックかよこ”」では事前に集められたみんなの悩みに答えつつ、その中で印象的な悩みを寄せてくれた1人をステージに招いてトークを展開したのだが、「じゃあ、ここで1曲一緒に歌ってくれますか!?」という吉澤の無茶振りにも動じず、見事な歌声を披露。吉澤と2人で「アボカド」をデュエットし、会場を沸かせていた。

吉澤嘉代子(撮影=Tetsuya Yamakawa)

 伊澤のピアノと吉澤のアコースティックギターによる「movie」そして「一角獣」で本編を終えると、アンコールで吉澤は「2年ぶりのお茶会ツアー。会場の雰囲気もお客さんの雰囲気も違うので、何回やってもドキドキが止まらないけどすごく楽しい!」とこのツアーを振り返った。また今年はデビュー5周年ということで、アンコールの1曲目では1stミニアルバム『変身少女』に収録されている「美少女」を会場のお客さんと合唱。ラストはこの『お茶会ツアー2019』で歌いたかったという新曲であり、「久しぶりに、恥ずかしいほど剥き出しの大切な曲」になったという「抱きしめたいの」がアコースティックギター1本の弾き語りで披露された。

吉澤嘉代子(撮影=Tetsuya Yamakawa)

 デビューから5年。通常のリリースツアーであっても、こういったお楽しみ要素の強いツアーであっても、唯一無二のセンスと圧倒的な表現力でオーディエンスを魅了し続けている吉澤嘉代子。次回は11月30日、吉澤の地元である埼玉県川口市の川口総合文化センター・リリア メインホールで、スペシャルコンサート「デビュー5周年記念 吉澤嘉代子のザ・ベストテン」の開催が決定している。【文=山田邦子/撮影=Tetsuya Yamakawa】

セットリスト

「お茶会ツアー2019」東京 キネマ倶楽部
11月6日(水) 11月7日(木)

M1.月曜日戦争
M2.綺麗
M3.手品
M4.魔法はまだ
M5.曇天
M6.地獄タクシー
M7.シーラカンス通り
M8.アボカド
M9.よるの向日葵
M10.残ってる
M11.movie
M12.一角獣
--
EN1.美少女
EN2.抱きしめたいの

この記事の写真をもっと見る