東大阪市で護送車から逃走した42歳の男の身柄が、大阪市内で確保された。

 大植良太郎被告は9日午前4時ごろ、東大阪市で護送中のワゴン車から逃走。車の中で「手錠がきつい」と訴え、大阪地検の検察事務官が左手の手錠を外したところ、突然暴れだしたという。大阪地検などが行方を追っていたが11日午後2時ごろ、大阪市内で身柄を確保された。

 大植被告は覚醒剤取締法違反などの罪で起訴され、保釈が取り消されたため、大阪地検が護送中だった。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)