(CNN)政府への抗議活動が続く香港で11日朝、警察とデモ隊の衝突が起き、21歳のデモ参加者が実弾で胴体を撃たれて負傷した。

警察の情報筋によると、現場は香港島東部に位置する西湾河。若者を撃った警官はさらに実弾2発を発砲したという。

インターネット上で共有された動画には、警官がデモ参加者ともみ合う様子が映っている。そこに黒服とマスクを身に付けた別の参加者が近づき、警官が構えた銃を払いのけようとしたところで、警官が至近距離から発砲。周囲のデモ隊や通行人からは悲鳴が上がっている。

続けて数人のデモ隊が警官につかみかかり、カメラの画面の外でさらに実弾2発が発射された。

香港の病院関係者によると、撃たれたデモ参加者は病院で手術を受けており、重体だという。

警察は声明を出し、当該の警官が携行する拳銃を発砲したことを確認した。別の2カ所でも警官らが拳銃を抜き、デモ隊を解散させようとしたとしている。

そのうえで火器の使用について、警察内では厳格な指針が設けられていると強調。見境なく発砲したとする「ネット上のうわさ」は「全くの虚偽であり、悪意に基づくもの」と述べた。

警察はデモ参加者が撃たれた現場を封鎖し、催涙ガスを発射してデモ隊を追い散らした。

デモ隊はこの日、ゼネストを呼び掛けて複数の場所で交通を妨害。警察はデモ隊が沙田、将軍澳、屯門、紅カンでバリケードを築き、道路を封鎖したと明らかにした。

地下鉄でも複数の路線で遅れが出ており、香港鉄路(MTR)によると、「駅での事態激化を受けて」一部路線は運行止めとなった。

香港では8日朝、デモ現場付近の駐車場から転落して頭部に重傷を負っていた男子大学生が死亡、デモ隊から怒りの声が上がっている。デモ隊は当日夜の警察の行動によって救急隊が一時現場に近づけない状態になったと主張している。