大植良太郎被告(大阪地検提供)

写真拡大

 大阪府東大阪市の路上で大阪地検が収容した男が護送中のワゴン車から逃走した事件で、男の身柄が11日、大阪市北部で確保された。

 捜査関係者への取材で分かった。

 男は同府岸和田市、遊技機設置業、大植(おおうえ)良太郎被告(42)=覚せい剤取締法違反罪と大麻取締法違反罪で公判中。大阪地裁岸和田支部(岸和田市)の判決公判に3回出廷せず、7日に保釈が取り消されていた。

 逃走事件は9日午前4時ごろ発生。ワゴン車から逃走する際、もみ合いになった男性検察事務官2人が軽傷を負った。被告は腰縄をつけ、右手に手錠をしたまま逃走した可能性があり、捜査当局が行方を追っていた。

 地検では10月30日にも、岸和田支部(岸和田市)で保釈取り消し後に収容予定の女が車で逃走し、2日後に確保される事件があったばかり。