オリックスの本田仁海投手

写真拡大

 オリックスは11日、本田仁海投手(20)の背番号96から来季は46に変更することを発表した。この日、大阪・舞洲の合宿所「青濤館」で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸500万円(金額は推定)でサイン。「やっと戻れる。最初にもらった背番号で思い入れもあったので、来季からまたつけられることはうれしい」。18年に右肘を疲労骨折、一度は育成選手契約になったが、今年7月25日に支配下選手への復帰を果たした。

 10月26日の侍ジャパンとの練習試合でオリックス2軍の先発を務めた期待の右腕は「フェニックスリーグからカーブを練習中。投球の幅を広げるために制球力をつけたい」とプロ3年目を迎える来季の抱負を話した。