「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」20年4月24日公開決定

写真拡大 (全2枚)

(C) 暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の公開日が、2020年4月24日に決定した。11月9日、ロームシアター京都で行われた「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』オーケストラ・コンサート2019」内で発表された。

暁佳奈氏による小説を京都アニメーションがアニメ化した人気シリーズの新作劇場版。18年1〜4月にテレビシリーズが放送され、最終回終了後に完全新作の製作を発表。当初、公開日は20年1月10日と発表されていたが、9月6日に公開延期がアナウンスされていた。同じく新作の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」は9月6日から公開中。

同作は、相手の思いをすくいあげて言葉を紡ぐ「自動手記人形」と呼ばれる職業が一般化した世界が舞台。感情をもたない少女ヴァイオレット・エヴァーガーデン(CV:石川由依)が自動手記人形として働きながら人々と交流し、大切な人であるギルベルト・ブーゲンビリア(CV:浪川大輔)から伝えられた“愛”の言葉の意味を探していく。劇場版では、ギルベルトのいない世界で生きていこうとしていたヴァイオレットが、1通の手紙を目にするところからはじまる。