画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は11月11日、IoT導入検討支援・設計構築・保守運用をワンストップでサポートするサービスとして、「Thingsアドバイザリー」「Thingsコーディネーション」「Thingsマネジメント」の提供を開始すると発表した。

「Thingsアドバイザリー」は、IoT導入検討支援、導入後のデータ活用・分析を支援するサービス。第1弾として、IoT導入を検討している企業を対象としたオンサイトのトレーニングメニュー(IoTデバイスと「Things Cloud」との接続方法や可視化方法の研修、APIの利用方法のハンズオンなど)を提供する。

「Thingsコーディネーション」では、用途に応じた最適なデバイスの選定、「Things Cloud」の画面カスタマイズや外部システム連携など、「Things Partner™プログラム」を通じて培ってきたノウハウを生かしてIoTシステムを設計・構築する。

「Thingsマネジメント」では、「Thingsコーディネーション」で構築したIoTシステムのマネージドサービス(IoTデバイスを含めたシステムの状態監視・故障対応やヘルプデスク対応など)をワンストップで提供する。