画像

写真拡大

 ディノス・セシールは、印刷プラットフォームサービス事業を展開しているグーフに対して、第三者割当増資引受により出資する。

 グーフはデジタル印刷のノウハウを基に、クライアント企業のMAツールやECなどのデータと連携してパーソナライズされた印刷データを生成し、最短24時間での印刷を可能とするAPIサービス「Print of Things」を提供している。

 同サービスは顧客ごとの属性に応じた印刷内容を可能とし、加えて発送までの時間や発注ロットに左右される費用感といった印刷課題の解決にも貢献する。また今後、クラウドで全国の様々な印刷会社の印刷機をフラットにつなぐネットワークサービスの構築も目指しており、たとえばクライアント企業の最寄りの印刷会社や配送拠点で出力することで、紙メディアの配送コストおよび配送時間削減などが期待できる。

 ディノス・セシールは今後も紙メディアが事業戦略の中心となることが想定されるため、アナログとデジタルの融合を加速させる新たなソリューション提供企業として、グーフが重要なビジネスパートナーになり得ると判断し、その成長性も勘案した上で今回の資金調達に応じた。

MarkeZine編集部[著]