グッドデザイン賞も受賞!ダイソー「圧縮タオル」の優秀ポイント4つ

写真拡大

お出かけの時は、なにかと荷物が多くなります。
そんなときにオススメなのが、ダイソーの「圧縮タオル」です。

デザインもおしゃれで持ち歩くには大変便利だと密かな人気アイテムになっています。
なんと、グットデザイン賞を受賞したことも!

今回は、ダイソーの「圧縮タオル」をご紹介します。

(1)驚くほどのコンパクトさ!


タオル類はあればもちろん便利ですが、かさばってしまうのが悩みの種ですね。
そんなお悩みもダイソー「圧縮タオル」で解決できます。

圧縮タオルは驚くほどコンパクト、ラージサイズでも手のひらにのるほどの大きさで、ファンデーションパフよりも少し小さいほどの大きさです。

これならかさばることを気にせずに持ち歩くこともできますね。

(2)使い方は水に濡らすだけの超簡単システム


使い方はいたって簡単です。

圧縮タオルは、水につけると圧縮が一気にとけて、しゅわ〜っと膨らんできます。

あとは広げて折りたたむだけ。
素材はパルプなので、タオルというよりは厚手のおしぼりといった感じでしょうか。

パルプですが、ちょっと絞ったぐらいでは絶対に破れない丈夫な作りになっていますよ。

(3) 3サイズ展開で用途に合わせてチョイス可能


圧縮タオルは、現在3サイズ展開されています。

スモール 16cm × 26cm 20枚入り。
レギュラー 21cm × 26cm 8枚入り。
ラージ 23cm × 35cm 6枚入り。

用途に合わせてサイズを選ぶことができますね。

(4)使い方さまざま超便利


旅行に持って行くのに最適だと話題だったこのタオルですが
今年は、台風による被害が大きかったことから、今、防災グッズとしても見直されています。

いざという時の為にコンパクトに備えておきたい防災グッズにはもってこいのアイテムですね。

また、お化粧を落とす時、化粧水を染みこませてフェイスマスクとしてなど、さまざまな使い方をしている方がいるようです。

いかがでしたか?

とてもコンパクトなので、ポーチ野中に数個入れておけば
ハンカチやティシュ代わりにするなど、さまざまな場面で使えそうですね。

パルプなので、燃えるゴミとして捨てられるのも便利です。

この記事を参考にして、ぜひダイソーで実物を手に取ってみてください。

(liBae編集部)