配当金をもらえるだけでなく、株価上昇も期待できる「超おいしい高配当株」を見分けるたった1つのポイントを解説します。僕自身も利用しているテクニックなので、ぜひご活用ください。

写真拡大

誰でもお得な高配当株を見分けられる?

配当といえば、不労所得の代名詞です。株式投資では、投資先企業から配当(お金)をもらえます。とはいえ、投資先を間違えると、「3000円の配当金を受け取るために、3万円も損してしまった!」ということにもなりかねません。

そこで、配当金をもらえるだけでなく、株価上昇も期待できる「超おいしい高配当株」を見分けるたった1つのポイントを解説します。僕自身も利用しているテクニックなので、ぜひご活用ください。

高配当株の目安は、利回り4%以上

手始めに、高配当株を探しましょう。投資家のジェームズ・オショーネシーによると、高配当株はその他の株と比べて株価が上がりやすいのだとか。 ですから、配当金を受け取ることもそうですが、「株価が上がりそうな株を買いたい!」と考えている方にとっても、高配当の株は有利です。

現在、日本には3700社ほどの上場企業があり、そのうち約3200社が配当金を分配しています。配当利回りの中央値は「約2%」ほどです。

たっぷり配当金をもらいたい場合は、平均値よりも配当利回りの高い会社を選ぶとよいでしょう。目安としては、配当利回りが「4%」を超える会社がオススメ。日本の上場企業の中でも、この条件で上位1割の高配当株を抽出できます。

ポイントは、借金の少ない会社を選ぶこと

ここからがミソです。高配当株の中でも、「借金の少ない企業」の高配当株を探しましょう。

単に配当利回りが高いだけでなく、借金が少ない会社の株式は、株価が上がりやすい傾向が確認されています。一部の研究では、「高配当かつ借金が少ない会社の株を買うだけで、年率18%を達成できたぞ!」というデータさえあります。

借金の少ない会社を探すときには、「自己資本比率」という指標を確認するのが有効です。目安としては、「自己資本比率が50%を超えると借金が少なく、財務が健全」と考えるとよいでしょう。

ちなみに、配当利回りが4%を超える高配当株のうち、過半数は自己資本比率が50%を切っています。

つまり、高配当株の半分以上は「借金まみれ」といえます。借金まみれの企業の株を買うと、たとえ配当をもらえたとしても、株価が景気に左右されやすく、リスクが大きい可能性があります。安全に配当を受け取るためにも、借金の大きな会社の株は避けるのが無難でしょう。

ポイントを押さえ、賢くお金を増やそう!

「配当はお得だ!」というイメージが広まっていますが、それはあくまで「株価が下がらない」場合に限っての話です。本当においしい高配当株は、配当利回りが高いだけでなく、株価の値上がりも期待できます。

配当を受け取りつつ、値上がりを狙う場合は、「借金の少ない企業」を買うのがオススメです。賢くお金を増やし、上手に配当を受け取るためにも、本記事でご紹介したポイントを覚えておきましょう。

参考資料:ポイントはたった1つ!超おいしい高配当株の見分け方(https://allabout.co.jp/gm/gc/480997/)記事下段に記載
(文:中原 良太(マネーガイド))