【詳細】他の写真はこちら



まずは着痩せとは?という基本からおさらいしていきましょう。

■着痩せとはそもそもどんなもの?



ここでは着痩せの仕組みや基本のポイントをご紹介します。

・コーデによってどうして太って見えるの?



出典:photoAC

着痩せ、着太りとは、主に目の錯覚により起こるものです。洋服のデザインやカラー、素材などさまざまな要因によって、本来の体型よりも太く見えたり細く見えたりという効果が生まれます。本来よりも太って見えてしまうのは、自分の体型に合ってない型の洋服をセレクトしていたり、膨張色を着ていたりする場合も…。体型は人それぞれ全く違うものなので、自分の体型をきちんと把握して似合うものを理解することが着太りを防ぐことにも繋がるのです。

■着痩せしたいときに意識するべきポイントは?



出典:photoAC

着痩せを効果的に狙うなら、押さえるべきポイントがあります。ここでは、グッと印象が変わる、着痩せポイントをチェックしていきましょう。

・着痩せしたいなら横のラインより縦を重視!



雑誌やテレビなどの中で”Iライン”、”Yライン”、”Xライン”というファッション用語を耳にしたことはありませんか?実は、全てコーデを全身で捉えたときのシルエットをアルファベットに例えているものなんです。着太りの原因は、全身のラインが横に広がることが原因になっていることも多々…。そのため、ロングワンピースなどで作りやすいIラインコーデや、細身パンツにビッグシルエットトップスで作るYラインコーデだと縦のラインが強調できます。また、オーバーサイズのトップスとボトムをウエストマークして作るXラインコーデは、横に広がりがちなコーデを引き締めるため、縦ラインに加えて脚長効果も期待できます。

・ココを意識するだけ!ファッションにおける3首って?



着痩せの中でポイントになるのが、”体の中の太い部分は隠して細い部分を見せる”こと。着痩せを狙うあまり、ついつい全身をゆったり隠すようなコーデをしていませんか?人は見える部分のみで情報を処理し、隠れた部分を勝手にイメージで補完する機能があるため、細い部分のみを見ると全体が細いと錯覚するのです。そこを利用して、人の体の中でも細いとされている3首「首、手首、足首」は出した方が着痩せする場合も。気になる二の腕や太ももを隠した分、きゅっとしまった手首や足首などは出すと◎。7分袖を選んだり、パンツの裾をロールアップしたりと簡単に試せるポイントですよ。



・色を効果的に取り入れると◎



出典:photoAC

着痩せ効果を考える上で外せないのがカラーセレクト。色が持つ視覚効果は、そのものを大きく見せたり小さく見せたりします。着痩せカラーとして有名なのはブラックですが、このカラーは実は着痩せを狙うにはやや上級者向けなんです。全身ブラックコーデなど、使い方によってはズドンと重たいイメージにしてしまう可能性も…。ブラックはトップスのみ、ボトムスのみなど、特に気になる部分的に使用するほうが無難でしょう。



・着痩せのために意識するべき色



出典:photoAC

引き締め効果を期待できるブラックは、着痩せコーデの定番カラー。そのほかにも注意するべきカラーポイントがあるんです。それは、色の分類としてよく使われる”寒色”と”暖色”。ブルーやネイビーなどの寒色は鎮静効果のある収縮色と呼ばれ、実際よりきゅっと縮んで見えやすいんです。反対にレッドやイエローなどの暖色は膨張色と呼ばれ、実際より大きく膨らんで見えることも。着痩せを狙うなら、寒色やブラックなどの引き締め色を効果的に使うようにコーデしてみると◎。暖色系の色が好きな方は、バッグや靴などの小物に取り入れると着太りしにくくおしゃれも楽しめるため、おすすめです。

■体型別おすすめ着痩せコーデをご紹介



ここでは体型別の着痩せコーデのポイントを解説します。

・上半身太りさんの着痩せコーデ



出典:photoAC

肩周りボリュームがあって気になる人は、つい隠そうとしてハイネックを着てしまいがち。しかし実はその隠し方は逆効果!ハイネックよりむしろ首元は品を損なわない程度に露出するほうがスッキリボリュームダウンして見えるのです。肩周りのカバーには、”ラグランスリーブ”のトップスを採用すると◎。肩に袖のつけ根がある通常タイプと違い、首回りから袖が縫いつけられたトップスで、肩幅や張りが気になりにくいですよ。また、お腹周りが気になる場合は、ぺプラムデザインでお腹のラインをふんわりカバーすることが効果的。



・下半身太りさんの着痩せコーデ



出典:photoAC

太ももやお尻など、下半身にボリュームがあることに悩んでいる人は、当然ですがスキニーやタイトスカートはボディラインが強調されてしまうためおすすめできません。着痩せ効果を狙うなら、Aラインのスカートやワイドパンツです。丈は足首を意識して、くるぶし上くらいまでのロングか、ふくらはぎくらいのミモレ丈が良いでしょう。プリーツスカートやスリット入りなど、動くと縦のラインが出るものだとさらに着痩せ効果が期待できますよ。また、トップスインやベルトでウエストマークすることで、視点を上にもっていくように意識してみてくださいね。



・太ってないけど胸が大きくて太って見えてしまう人



出典:photoAC

実際は太めではないのに、胸が大きいことで太って見えるのが悩み!という人は少なくありません。胸にボリュームがあると、アンダーや腰あたりのシルエットにメリハリがつけにくくズドンとした印象になりがち。そんな人におすすめなのは、程よいデコルテ見せ&ハリ感のあるシャツをトップスにすることです。トレンドの襟抜きで着こなすと、より視線外し効果があるためスッキリ見えます。サイズ感はややゆとりのあるもので、体にピタッとしないものをチョイスしてください。浅めのVネックもシャープなデコルテを演出してくれますよ。

■SNSで見つけた!おしゃれ着痩せコーデをチェック



実際に着痩せ効果が期待できるお手本コーデって気になりますよね。最後にSNSで見つけたおしゃれ着痩せコーデをご紹介します。

・スリットワンピース×ワイドパンツのIラインコーデ



出典:@ michun0302さん

@ michun0302さんは、スリット入りのワンピースにワイドパンツを使ったIラインコーデをしています。ワンピースはスリット入りを採用することで、動きが出てスリット部分の着痩せ効果もばっちり♡太めのパンツと合わせても重たくなりにくいためおすすめのアイテムです。アップヘアにすることで首元を見せることも忘れずに。



・襟抜き×ウエストマークのYラインコーデ



出典:@ michun0302さん

テーパードパンツにゆったりしたシャツを合わせたコーデ。ポイントは襟抜きとウエストマークです。足首に向かって細くなるテーパードパンツは、すらっとした足元の演出に効果的。そのため、トップスにボリュームを持ってきても着太りして見えていません。ウエストマークをすることで、くびれも強調されていて◎。襟抜きをすることでVネックになり、小顔効果にも期待できますよ。



・ボートネック×テーパードパンツの華奢コーデ



出典:@ michun0302さん

ボーダー柄は柄物の定番で好んで着ている方も多いアイテムです。”縦しま”でなく”横しま”のため、膨張することが気になりますが、ボートネックデザインを取り入れるとデコルテを意識した華奢さが生まれます。ボーダー柄を選ぶときは、ラグランやボートネックを選ぶと着痩せ効果が期待できますよ。テーパードパンツを合わせることで、軽やかな足首も女性らしい仕上がりに♡

■着痩せとは、自分のスタイルを知ることから始まる!



スタイルのコンプレックスを隠して、よりおしゃれにスッキリ見せたい!というのは年代問わず多くの女性が願うことですよね。美しい部分はより美しく、気になる部分は上手に隠して、というのがスタイリングの基本。着痩せのポイントを抑えることで、より自分の長所を伸ばしながらスタイルアップする着こなしが叶います。そのためには、まずは自分の現在のコンプレックスと理想のスタイルを見直してみることから始めてみてはいかがでしょうか。