45位に浮上した今平周吾(撮影:佐々木啓)

写真拡大

10日付けの男子世界ランキングが発表された。前週は米ツアーがなかったため、上位陣に大きな変動は見られず。1位にブルックス・ケプカ(米国)、3位にダスティン・ジョンソン(米国)のトップ3、7位のタイガー・ウッズ(米国)、20位の松山英樹らに変動はなかった。
感動をもう一度!日本で米ツアー最多タイを挙げたウッズを写真で振り返る
国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」組では優勝したチェ・ホソン(韓国)が256位から162位にジャンプアップ。今季5度目の2位となった今平周吾は50位から45位と5ランクアップ。星野陸也は104位、石川遼は105位とそれぞれ順位を落としている。
その他、欧州男子ツアー「ターキッシュ エアラインズオープン」で6人のプレーオフを制したタイレル・ハットン(イングランド)は48位から30位に浮上している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

■主将タイガー・ウッズが自らを指名! ザ・プレジデンツカップの米国選抜決定
■米ツアー勢をねじ伏せた!鈴木愛の最終日ハイライト動画
■日本と中国がR・マキロイの忘れがたき思い出の地になった【舩越園子コラム】
■今平周吾は2年連続賞金王にグッと近づく【男子賞金ランキング】
■【TOTOジャパンクラシック 最終日】渋野日向子のハイライト動画