画像

写真拡大

 アドビ システムズ(以下、アドビ)の検索連動型広告管理ソリューション「Adobe Advertising Cloud Search」が、「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(以下、YDN)」に対応した。

 同ソリューションは「Adobe Experience Cloud」の一部で、広告主の手間を削減し、SEM広告のROI(費用対効果)を向上させることを目的とした入札プラットフォーム。また、YDNは、広告の内容に興味がありそうなネットユーザーに対して、Yahoo! JAPANの各サービスサイト、および提携パートナーサイトのコンテンツページに広告を表示するサービスだ。

 今回の対応により、広告主は、メディアを横断した統一のタグにおける広告成果の計測や、アトリビューションの可視化、レポートの作成が可能に。複数メディアでの計測基準を統一し、重複コンバージョンを排除した適切な広告成果の評価を実現する。

 アドビの分析ソリューション「Adobe Analytics」で取得しているサイトエンゲージメントデータ(直帰率・滞在時間・ページビュー数など)をYDN最適化のシグナルとして活用するほか、「Adobe Analytics」で計測しているコンバージョンデータをYDN最適化の指標として利用することもできる。

 また、アドビのAIとマシンラーニングのフレームワーク「Adobe Sensei」によるYDNの入札も合わせて可能になった。これにより、YDNの入札最適化と複数メディアにまたがった予算配分の最適化を実現していく。

MarkeZine編集部[著]