友人の代わりに部屋に入り殺害か アパート男女死亡

写真拡大

 栃木県真岡市のアパートで20代の男女が倒れているのが見つかってその後に死亡した事件で、死亡した女性は男の元交際相手の代わりに荷物を取りに部屋に入った際、殺害されたとみられることが新たに分かりました。

 11日午前0時40分すぎ、真岡市のアパートで男女2人が血を流して倒れているのが見つかり、病院で死亡しました。死亡したのは大竹七海さん(21)と29歳の男で、大竹さんは男の元交際相手の友人で、男は大竹さんの上半身を複数回刺した後に自殺を図ったとみられています。

 下の階に住む住民:「(事件前)けんかみたいな声がした。女の人の声で『助けて』とかって。それから静かになって携帯電話の音が2、3回鳴ってた」

 その後の取材で、大竹さんは男の元交際相手が「部屋に戻りたくない」と話したことから代わりに部屋に荷物を取りに入った後、殺害されたとみられることが新たに分かりました。警察によりますと、これまで元交際相手からの相談などは確認できていないということです。