マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

初ゴールを含む全3得点に絡み、マジョルカ勝利の立役者となる活躍ぶり

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に先発出場し、スペイン初ゴールを記録。

 2本のPK奪取の起点にもなり、3-1の快勝に大きく貢献した。英メディアも久保が見せたパフォーマンスに、「全ゴールで鍵を握った」と称賛の言葉を送っている。

 今夏レアル・マドリードに完全移籍した久保は、プレシーズンをトップチームで過ごした後、開幕直後に昇格組マジョルカへの期限付き移籍を決断。第5節ヘタフェ戦(2-4)では初アシストを記録するも、移籍後初ゴールはこれまでお預けとなっていた。

 ビジャレアル戦では前半13分、左サイドを突破した久保が鋭いフェイントでペナルティーエリアに侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。さらに同22分に右サイドでの華麗なヒールパスから2本目のPK奪取の起点となり、マジョルカが2-0とリードして前半を折り返した。

 後半4分に1点を返されるも、2-1で迎えた同8分、待望の瞬間が訪れる。ペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が鋭いボディフェイントでシュートコースを生み出すと、そのまま左足を一閃。ゴール右隅に突き刺した。ネットを揺らした瞬間、久保は歓喜の咆哮を見せ、チームメートも駆け寄り祝福した。

 スペイン上陸後初ゴールとなったスペクタクルな一撃に、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「久保が並外れたゴールを記録」と取り上げ、「レアル・マドリードのセンセーション、久保建英がセンセーショナルなパフォーマンスを披露した」と称賛。「この日の全ゴールで鍵を握る役割を務めた」と説明している。サッカーの母国も、久保が放った輝きに驚きを見せていた。(Football ZONE web編集部)